HOME > 行政書士試験 > 新ラクラク行政書士試験
 
■公開:2015/07/07
■更新:2015/11/19
随時申込受付中
法律学習経験者向け
18時間完成・DVD講義

■INDEX

・担当講師

・テキスト見本

・講師メッセージ

・受講料・発送スケジュール
・こう合格る!4つの攻略法 ・合格者の声

・E-ショップでのご購入はこちら!

 
 

「ひたすら過去問」はもう止めよう。
 近年合格するのが年々難しくなってきている行政書士試験。以前は,法律学習経験者なら,過去問を解いて,試験に臨めば高い確率で合格できましたが,今の試験はそれでは合格出来ません。現にここ数年では,司法試験合格者が行政書士試験に落ちるという事例が多数発生しております。次回平成27年度行政書士試験の合格には,的を得た対策が必要不可欠です。具体的には,①行政法②一般知識③記述式④改正法,これら4つの攻略が重要。いずれも配点が高かったり,足切りが怖かったり,対策が立てにくかったりと「くせ者」ばかり。ココを集中的に攻略し,短時間で,効率よく,合格を勝ち取りましょう。  
 
黒木 洋行 (くろき ひろゆき)先生
 予備試験・行政書士・宅建・国家公務員Ⅰ種(現在の総合職)に合格。
  大学卒業後,大手通信教育会社の教材作成担当を経て,大学受験講師,公務員試験講師として活躍。「試験には必ず出題パターンがある。」という問題作成者側からの視点で指導を展開。多数の受験生を希望の資格試験合格へと導いている。
  「ラクラク行政書士」「宅建講座」「ラクラク裁判所職員」「ラクラク適性試験」「ラクラク小論文」など受験生からの評価が高い講座を多数担当している。 
 
 「会社法」・「行政法」の改正に伴い,受験生の皆さんは,大きな不安に苛まれるでしょう。また,相変わらず「一般知識」と「記述式」に苦手意識を持つ方は非常に多くいらっしゃいます。
  そこで,本講座は,皆さんが不安や苦手意識を持たれる科目,すなわち「会社法」・「行政法」・「一般知識」・「記述式」に焦点を絞って,対策を行います。
  「会社法」・「行政法」は改正のポイントを中心としつつも,頻出分野と理解しにくい分野もきっちり拾い上げます。「一般知識」は,点数の取り易い分野,取りにくい分野がはっきりしているので,点数の取り易い分野で,繰り返し出題されている範囲を重点的に学習し,着実に点数を稼ぎにいきます。「記述式」は,直近5年分の過去問を徹底分析し,今後の出題可能性が高い論点を予想していきます。
  本講座で,合格を掴み取りましょう!
 
 
 本講義「行政法編」で扱う,行政法分野は,五肢択一76点,多肢選択16点,記述式20点の合計112点を占める超重要分野である。出題分野のバラつきは少なく,様々な範囲からまんべんなく出題されています。司法試験や公務員試験においては,あまり出題されない分野からも出題されているので,法律学習経験者であっても,対策を怠ると痛い目にあうでしょう。
 出題形式についても,条文問題,定義問題,判例問題と比較的バランスよく出題されています。ただ,年度によっては,判例問題が多い年度もあります。
 基礎的かつ重要な論点からの出題が多いものの,正確な知識を習得していないと解けない問題も多いです。基本的な条文・定義・判例をしっかりと押さえることが必須。特に重要なのは,条文。本レジュメに載せてある条文は,しっかりと押さえておいて下さい。確実に得点を稼ぎたい人は,行政書士試験の過去問だけではなく,司法試験や公務員試験の過去問にも挑戦すると良いでしょう。
 
 
 本講義「一般知識編」で扱う,一般知識分野は,五肢択一56点を占める分野です。点数的には,全体の約5分の1程度ですが,足きり点が設定されていることに注意しましょう。司法試験や司法書士などの法律学習経験者が,落とされてしまう大きな1つの原因として,一般知識対策を怠っていることが挙げられます。
  一般知識は,試験範囲が非常に広く,独学で対策するのが難しい科目です。しかし,よく出題される分野は限られており,過去に出題された肢と同じような肢が再度出題されることもあります。繰り返し出題されている分野をしっかり押さえて,得点を取れるところで確実に取って,少なくとも足きりにかからないようにするのが最も重要です。本講義では,過去の出題を徹底分析し,重要事項に絞り込んで効率よく対策を行っていきます。
 
 
 記述式は,1問20点という非常に配点の高い問題です。出題数は全部で3問と少ないものの,1問あたりのウェイトは非常に高い。記述式が60点満点中54点(90%)ならば,残りの240点中,126点(52.5%)で合格です。他方,記述式が60点満点中24点(40%)ならば,合格するためには,残りの240点中,156点(65%)を取らなければなりません。万が一,記述式が0点になろうものなら,合格するためには,残りの240点中,180点(75%)取らなければならなくなります。
  記述式は,採点が厳しいのではないかと心配している人もいるかと思いますが,悲観する必要は全くありません。行政書士試験の記述式は,40字程度と短く,点数も解答例も公表されるので,解答に必要な要素がちゃんと入っていれば,ちゃんと点数を与えざるを得ないからです。きちんと解答に必要な要素を書いていれば,満点近い点数も期待できます。
 
 
 皆さん御存知の通り,「会社法」と「行政法」は重要な改正が行われ,一部は既に施行されました。すなわち,少なくとも既に施行された部分に関しては,平成27年度の出題範囲に含まれます。改正法を正面から聞いてくることは少ないとは思いますが,「どんな趣旨で改正が行われたのか」「どんな制度ができたのか」という大枠はしっかりと押さえておきたいところです。なぜなら,直接問われなくても,改正に関する問題意識は,平成27年度の出題に影響を及ぼす可能性が大だからです。
  そこで,本講座はポイントに絞って,改正点の大枠を捉えます。必要な箇所は,新法・旧法を併記し,対比・比較しながらきっちりと説明していますので,安心して受講頂けます。
  
 
●辰已のDVD講座なら
  購入後の返却は不要!

 辰已のDVD講座は,講義の様子をそのまま収め,配布資料もライブクラスと同一。全く心配なく受講頂けます。一度御購入頂いたDVDは返却不要。好きなだけ,繰り返し勉強いただくことができます。
 
改正完全対応!このテキストで合格する。
辰已の「新」ラクラク行政書士はここが「売り」!
 
科目
時間
DVDコード
辰已価格
代理店価格
一括
18h
H-671R
¥31,800
¥30,210
行政法編

5h

H-672R
¥9,300
¥8,835
会社法編
3h
H-673R
¥5,600
¥5,320
記述式編
5h
H-674R
¥9,300
¥8,835
一般知識編
5h
H-640R
¥9,300
¥8,835
★通信部はDVDとなります。 DVD-R対応機種でのみ,ご利用いただけます。
★表示価格は全て税込です。★送料は不要です。
★商品はお申込みが辰已に到着後、約1週間でお届けする予定です。

 
 
 
「ラクラク行政書士」のおかげで高得点で合格しました。
T.Mさん(平成26年度合格者)
 平成26年度行政書士試験対策として,「ラクラク行政書士試験」を受講しました。黒木洋行先生の講義がすごくタメになって,かなりスムーズに勉強することができ,この度,行政書士試験に高得点で合格しました
特に,
一般知識は黒木先生が講義された通りに,講座で配布されたレジュメを使って,勉強しただけですが,14問中11問正解することが出来ました
 
 
Copyright 2000-2004 TATSUMI Co.,Ltd. ALL Right Reserved.