HOME > 司法書士 > 全科目インプット講座・通信部(WEB・DVD)

 

■公開:2017年02月20日
■更新:2017年03月11日

  
法律学習初めての方も、基礎知識を再確認する方にも最適な講座です。
全科目の講義が揃っているので(一括送付)、すぐに、
どの科目からでも始められます。
※本講座は2016年5月〜2017年2月に収録されたものです。
※科目別でもお申し込みいただけます。
  
講師紹介 受講料(税込)  
講座内容 ガイダンス&体験講義  
スタンダードテキスト 合格者の声  
WEBスクール    
 
全科目インプット講座を・・・  
 
→すぐに試してみたい方はこちら←   
 
 
 

  講師紹介

       

昭和63年度司法書士試験合格。同年登録開業。
予備校、専門学校等で、講師として受験指導を行う。著書「重点対策ゼミ商業登記法」、同「供託法」(法学書院)等。
歯切れのよい語り口、明晰な分析、わかりやすい講義で、受講生の圧倒的支持を得ている。

平成17年度司法書士試験合格。平成18年登録開業。
平成18年より、当研究所にて、受験指導を開始し、多数の講義を担当。受験生の弱点を熟知し、急所をズバリ突く講義は、受験生の好評を博している。

司法書士
海老澤 毅専任講師

司法書士
日吉 雅之専任講師
民法・不動産登記法・商法・商業登記法・民事訴訟法・民事執行法・民事保全法・供託法・司法書士法 担当
  憲法・刑法 担当
★海老澤毅講師ブログは→こちら←
   
   
通信部(WEB or DVD)一括送付
  
 
 講座の特徴
  配点が大きい科目から順に学習。
試験の科目別出題問数に比例したカリキュラム

全科目インプット講座は、本試験での出題数に応じて各科目の講義時間数を割り出し、それに学習上の効率を加味して調整をした合理的なカリキュラムです。しかも、本当に学習すべき知識に限定しているため、短期間で終了します。
  
  アウトプットに必要な基礎知識を厳選して講義
試験勉強におけるインプットの目的は、「問題が解けるようになること」にあります(インプット講座→アウトプット講座→本試験へ)。そのため、全科目インプット講座では、アウトプットに必要な基礎知識を厳選して講義します。
    
  豊富な指導経験を有する講師の分かり易い講義
海老澤講師は若年で司法書士試験に合格して以来受験指導を続けているため、指導経験が長く、多くの合格者を輩出し続けてきました。その講義はクリアーな声で聴き易く、内容も大変分かり易いとの定評があります。また、板書の名手でもあり、法律の体系を見事に表現するその板書は、合格者からも高く評価されています。
日吉講師(憲法・刑法担当)は司法書士試験合格後、数々の辰已基幹講座において講義を担当し、その熱血的でスピーディーな講義により、多くの受験生を後押ししてきました。講義後も親身になって質問に答える面倒見の良さが好評です
両講師とも司法書士登録をしている実務家でもありますので、実務を踏まえた「活きた知識」を提供します。
    
  優れた教材。詳細な専用テキストと便利な副教材
テキストは本講座専用の「スタンダードテキスト」を使用。本試験の傾向に合わせて常に内容を見直し続けているので、本試験に向けてのインプットはこれを基本として行えば万全です。
また、副教材として知識確認用自習教材「肢別問題集」を配付します。各科目の必須知識について、択一式でなく1肢ごとに○×を問う形式となっています。各科目の講義後に肢別問題演習を行い、知識の定着度をチェックしてください。さらに、副教材として「穴埋めドリル」も配付。この講座の受講者しか入手できないユニークな教材です。
    
  通信部(WEBスクール・DVD)で一気に視聴可能。
ご自分のペースで受講できます。

WEBスクールは一気に視聴することが可能です(視聴期限あり)。通信部DVDはまとめて一括発送します。
 講座専用テキストと様々な副教材

 スタンダードテキスト


 

 
 
  合格者の声
 
●本講座で一発合格した方の声

T.Kさん
  講座選びには、試験の本質を捉えているか、そして、合理的かつ効果的な方法論を確立しているかといった点に着目するといいかと思います。ちなみに海老澤先生の講義はもちろんお勧めです。私がもしもう一度受験生に戻り一からやり直すとしても選択するでしょう。
  大事な点は、覚えなければ解けない。覚えていても本番で思い出せなければ合格できない。覚える時間は有限。これらを日頃から意識していれば、有効な勉強方法というのは自ずと明らかになってきます。即ち基本の学習を毎日継続して行うことです。まずは用語や条文の意義から、次に要件と効果、原則と例外、そして判例による修正などなど。毎日コツコツ地味に継続することが一番の近道です。
  
●受験経験があり、本講座を合格年に科目別受講した方の声

Y.Mさん
  海老澤先生の講義は法の制度趣旨等などを交えて説明して下さるのでただ単に覚えるという講義ではなく、理解するという講義であり、特に会社法、商業登記法は関連づけて説明してくださるので横断的に理解が出来ました。また条文をチェックしてくださるので、自分ではおろそかになりがちな部分を補うことができました。
  また、海老澤先生のノートはとてもよくまとめられており、私は本試験直前にも海老澤先生のノートを読み返していました。
  
●本講座を受講し、兼業ながら3回目で合格した方の声

A.Kさん
  全科目インプット講座では、板書図をノート代わりにし、先生の話で気になる部分や知識の定着に役立ちそうなことをメモしました。講座で学んだ箇所は過去問の該当箇所を解くことで復習しました。予備校に向かう電車の中や空き時間で、録音した先生の講義を聞きながら、ノートを読み返すことを習慣化していました。
  自分の反省を踏まえた上でアドバイスできることがあるとすれば、基本をおろそかにしてはいけない、当たり前のことなのですが、これが意外と難しいのです。初学者の段階では基本テキストも難解な内容が多く苦労することもあるかと思います。私は海老澤先生の力を借りて何とか理解できるようになりました。
  
 受講料(税込)                          ★合格Mate適用不可
  
全科目インプット講座 通信部(DVD) 通信部(WEBスクール) 
講座
コード
辰已価格 代理店
価格
講座
コード
辰已価格 代理店
価格
一括
1643AR \360,100 \342,095 1643AE \336,800 ※注1


民法
1643BR \103,100 \97,945 1643BE \96,400
不動産登記法
1643CR \64,200 \60,990 1643CE \60,000
商法(会社法)
1643DR \60,500 \57,475 1643DE \56,600
商業登記法
1643ER \46,300 \43,985 1643EE \43,300
民訴・民執・民保法
1643FR \36,400 \34,580 1643FE \34,100
供託・司書法
1643GR \22,200 \21,090 1643GE \20,800
憲法
1643HR \20,100 \19,095 1643HE \18,800
刑法
1643JR \26,200 \24,890 1643JE \24,500
  
※注1 通信部WEBスクールにつきましては、生協等の代理店でのお申込みはできません。辰已法律研究所に直接お申し込みください。
通常の申込方法のほか、辰已WEBスクール(辰已HP上)のページからのお申込みも可能です。
※注2 通信部は、媒体はWEBとDVDをお選びいただきます。DVDはDVD-R対応機種でのみご利用いただけます。
WEBスクールは、WEB視聴環境等ご自身のプレーヤーをご確認の上お申し込みください。
 WEBスクール視聴期限:2018年7月1日(日)
          申込締切:2018年6月17日(日)
 
  

但し、3G・4G・LTEでの視聴は、通信回線会社とあなたの契約内容によっては一定量を超えると視聴制限がかかってしまうことが多いので、長時間の講義については、Wi-fi 、できればwired接続のPCでの視聴をお勧めします。


 
 
 
   
Copyright 2000-2004 TATSUMI Co.,Ltd. ALL Right Reserved.