HOME > 司法書士 > 司法書士2019年受験対策 ミニマムコンプリート基本講座

 

■公開:2018年06月26日

  
・開講日 ・WEBスクールのご案内
・担当講師プロフィール ・フォロー制度
・講師メッセージ ・受験生支援制度+申込特典
・講座体系 ・スケジュール/受講料
・講座仕様 ・早割(早期申込者割引)
  ・ガイダンス(通学部・通信部)
  
↓朝倉先生の情報発信サイト↓こちらもご覧ください
・司法書士試験ライジングサンブログ ・司法書士試験総合情報サイト
・朝倉先生ツィッター  

「ミニマムコンプリート基本講座」のことがよくわかるガイダンスを配信中!
★より詳しい内容を知りたい方は→下欄のガイダンス←をご覧ください。

開講日
 
■大阪本校LIVE 

9/1(土)

■辰已各本校ビデオブース 

9/8(土)

※東京・横浜・大阪・京都・名古屋・福岡本校

■発送開始 

9/11(火)~

■視聴開始 

9/6(木)~

   
 
担当講師

朝倉日出男専任講師
関西大学文学部英語英文学科卒。
銀行勤務を経て、平成24年度司法書士試験合格(その後、簡裁訴訟代理等認定)。
受験生時代から勉強法に注目し、研究の結果、「ミニマムリピート法」という独自の学習法を完成。その学習法により司法書士試験に合格。
平成25年度から辰已の教壇に立ち、「択一で逃げ切る講座」を中心に「ミニマムリピート法」で多くの受験生を指導。合格者を輩出してきた。
平成26年度からは「記述で守り切る講座」も担当し、トータルな受験指導を行っている。
平成27年度より「ミニマムコンプリート基本講座」を担当。初学者から中上級者まで、どのレベルにも対応した受験指導を行う。
司法書士以外の主な保有資格
・行政書士
・宅建士(旧宅地建物取引主任者資格)
・ファイナンシャルプランナー

 難関試験である司法書士試験。
 合格を勝ち取るために最も重要なもの、それは『学習法』です。

 資格試験の中には、学習内容(質)が多少ずれていても、学習時間(量)でカバーして合格できるものもあります。
 しかしながら、司法書士試験においては、それができません。しっかりとした学習法によらない限り、合格を勝ち取ることはできないのです。
  司法書士試験合格を目指す皆様のために私は『ミニマムリピート法』を提唱します。これは、私が受験生時代に築き上げ、そして講師となって更に磨き上げた学習法です。
 この『ミニマムリピート法』により、講師1年目から合格者を輩出することができました。

 『ミニマムリピート法』を基礎構築レベルにおいて実践するために2015年の夏に開講したのがこの『ミニマムコンプリート基本講座』です。
 幸いにも、2016年向けから2018年向けまで、全国で通学部・通信部を合わせた多くの皆様にご受講いただき、私の方法論をご提供することができました。
 2019年合格を目指す皆様も第4期生として『ミニマムリピート法』で短期合格を勝ち取ってください。

 難関試験である司法書士試験。
 とはいえ、一人で立ち向かう必要はありません。
 「講師の仕事は受験生の皆様の一生に影響を及ぼす仕事である」との思いを抱きつつ、私は教壇に立たせていただいております。
 私が辰已法律研究所のスタッフとともにバックアップします。

 合格を勝ち取り、司法書士として活躍する未来を手に入れましょう!

  
社会人の方も無理なく受講できる!
通学部は週3コマのペースだから無理なく続けられます。
LIVEは週2日。火曜は夜18:30開始、土曜は9:45開始(記述式の回は9:30より)で受講しやすい時間割。
LIVE を欠席してもビデオブース(VB)でフォロー(予約制。視聴時間帯につきましては各校でご確認ください。)。受講者特典マイページで WEB フォローもできます。
音声ダウンロードで講義音声を持ち歩き。
DVDで講義を視聴
DVD で繰り返し講義を視聴できる。
教材は一定期間分をまとめて配送。
音声ダウンロードで講義音声を持ち歩き。

WEBで講義を視聴
自宅等のパソコンで繰り返し講義を視聴できる(視聴期間あり)。
教材は一定期間分をまとめて配送。
音声ダウンロードで講義音声を持ち歩き。

※お申込時にDVD、WEBまたはWEB+DVDのいずれかをお選びください。

 ミニマムコンプリート基本講座では、毎回、本体講義の前に「Pre講義」、本体講義の後に「After講義」を実施し、各回の講義内でリピートができるようにしてあります。
   Pre講義:重要な基本論点を誰にでもわかりやすく。
  本体講義の前に、本体講義で扱う内容の根幹となる部分について、噛み砕いた丁寧な解説をします。
Pre講義を受けることで、基礎から学ぶ人でもスムーズに本体講義に入っていくことができます。
本体講義の日程に先駆けてWEB視聴できるシステムなので、自分のペースで予習が行えます。
   本体講義:試験で点を取るための落とし込みを万全に。
  イラスト・アニメーションで、理解しやすく、忘れにくく、復習しやすい環境をご提供します。
    After講義:実際に問題を解くことで、習熟度をチェック!
   講義を聞いたら、その日のうちに問題演習でリピート!受けっぱなしにはさせません!
 
 

①プレで易しくお話したイメージをベースに、知識の質を実戦レベルへ
  発展させます

②本試験で出たところ(=既出箇所)を趣旨から丁寧に解説します
③今後出そうなところ(=未出箇所)もカバーします

朝倉講師のミニマムリピート法を分かり易く解説します。
聴くだけでもためになるお得なガイダンスです。

  
ガイダンスの受講方法には次のものがあります(すべて無料)。
◆LIVE参加:予約は不要です(相談会は要予約)。 実施校に直接おこしください。
◆通信部DVD申込:資料請求フォームよりご請求ください。

    
講座ガイダンスを各校LIVEで実施。朝倉講師による個別相談会も実施!
 【受験経験者向けガイダンス】
 
分厚いテキストが回しきれない人はAsakuraミニマムリピートで!
   
■東京本校LIVE
 7/8(日)17:00~18:00
■通信部(DVD):7/16(月)発送開始
  
  ◆本編開講後も、ストリーミングチャンネルにて無料配信
「一生懸命に勉強したけど思うような結果が出なかった。」 「テキストに過去問。時間がなくて、どれも中途半端になってしまった。」こんな方は勉強方法に問題を抱えている場合がほとんどです。ご自分の可処分時間を意識されていますか?本当に分厚いテキストを回しきる時間がありますか?少しでも迷いがあるなら、当ガイダンスに参加して下さい。
朝倉講師が提唱する学習法「ミニマムリピート法」なら、秋からでも十分来年の本試験に間に合います!
   
ガイダンステーマ
担当講師
(敬称略)
 東京本校
 通信部(DVD)
 LIVE
発送日
最終
 
時間割
以降随時発送
申込締切
分厚いテキストが回しきれない人はAsakuraミニマムリピートで!
朝倉日出男
7/8(日)
17:00-18:00
7/16(月)
9/30(日)
■通信部申込コード(DVD):18GAGR 通信部の申込は→こちら←
※本ガイダンスは通学部・通信部ともに無料でご利用いただけます。
 
 【初学者向け向けガイダンス】
 
Asakuraミニマムリピートだからできる!
  秋開講・基礎から2019年合格!
 

東京・大阪・名古屋・岡山校LIVE
※日時については下記スケジュール表をご覧ください。
  
■通信部(DVD):7/30(月)発送開始

  ◆本編開講後も、ストリーミングチャンネルにて無料配信
ほとんどの基礎講座は春にスタートを切ってしまっていますが、本講座なら、秋からみんな一斉によーいドンでスタートを切ることができます。しかも、来年の本試験に無理なく間に合わせることができます。これを可能にするのが講師・朝倉日出男が提唱する学習法「ミニマムリピート」。
「秋から本格的に勉強を開始したい」「今まで独学だったが来年に向けて講座を探している」「他校で基礎講座を受講したけどももう一回秋からやり直したい」こんな方にぜひ聴いて欲しいガイダンスです。
なお、LIVE 実施校舎は、当日個別質問会も予定しております。こちらもぜひご参加下さい。
   
ガイダンステーマ
担当講師
(敬称略)
東京本校
大阪本校
名古屋
本校
岡山校
LIVE
LLIVE
LIVE
LIVE
Asakuraミニマムリピートだからできる!
秋開講・基礎から2019年合格!
朝倉日出男
7/29(日)
7/22(日)
7/22(日)
7/21(土)
※個別相談会はおひとり様15分の事前予約制です。
大阪本校は随時個別相談会を実施しております。
詳細は朝倉講師のブログをご覧下さい。
ガイダンス
12:10-13:10
12:10-13:10
16:40-17:40
12:10-13:10
個別相談会
13:30-14:30
18:00-19:00
13:30-14:00
予約電話番号
03-3360-3371
06-6311-0400
052-588-3941
06-6311-0400
  
ガイダンステーマ
担当講師
(敬称略)
  通信部(DVD)
発送日
以降随時
発送
最終
申込締切
Asakuraミニマムリピートだからできる!
秋開講・基礎から2019年合格!
朝倉日出男
7/30(月)
2019年
3/31(日)
■通信部申込コード(DVD):18GAHR 通信部の申込は→こちら←
※本ガイダンスは通学部・通信部ともに無料でご利用いただけます。


   
Copyright 2000-2004 TATSUMI Co.,Ltd. ALL Right Reserved.