HOME > 司法試験 > 新庄健二先生&和田吉弘先生 司法試験論文過去問解説講義

 

■公開: 2016年12月17日
■更新: 2017年02月01日

新春、有名大学教授 新庄健二先生と和田吉弘先生が、東京本校に来校!
平成28年論文式試験の刑訴法と民訴法を紐解きます。
当講座でアップデート!目からウロコの特別講義をお見逃しなく!
 
 
  

新Professorシリーズ 司法試験論文過去問講義 【1.5時間】
新庄健二先生による

刑訴法 平成28年


 新庄先生は「多くの受験生の方が、具体的事実を適示して、の意味を誤解している」と説きます。肝心の部分を書かれていない方が多いのです。
  なぜ、あなたはそう評価するのか。単に『~も』とか、『~しか』と書くだけでは、ただの結論の押し付けです。その説得こそがまさに実務家に求められる力であり、実務家登用試験である司法試験で一番に問われる力です。」
  「事実を評価することの本当の意味がやっと分かった」「こんな講義を待っていた。本当に目からウロコだった」と多くの受験生に絶賛されています。
 
■開校日
 

好評受付中

  ・辰已各本校 
  ビデオブース
受付中~2/15(水)
※辰已各本校… 東京・横浜・大阪・京都・名古屋・福岡・本校
  ・WEBスクール 受付中~5/21(日)
  ・通信部DVD 受付次第随時発送
■受講料
  ・特別申込 【2/15(水)まで】(辰已価格)
   通学部(ビデオブース) ¥1,500   講座コード 16W4T
   通信部(WEBスクール) ¥2,000   講座コード 16W4TE
   通信部(DVD) ¥2,600   講座コード 16W4TR
  ・一般申込 【2/16(木)以降】(辰已価格)
   通信部(WEBスクール) ¥4,600   講座コード 6W4WF
   通信部(DVD) ¥4,900   講座コード 6W4WR
   
  講座コードの「」に当てはめる、通学部の会場選択・通信部の媒体選択の記号の一覧表
 
通学東京校はH
通学横浜校はY
通学大阪校はK
通学京都校はM
通学名古屋はN
通学福岡校はF
通学岡山校はL
   
 
※注1 特別申込価格には各種割引制度及び各種割引券はご利用いただけません。
※注2 通学部は、受講会場(東京校・大阪校など)を申込段階でお選びいただきます。
※注3 通信部の媒体は、WEBとDVD(DVD-R対応機種のみ可)をお選びいただきます。ご自身のWEB視聴環境等又はDVDプレーヤーをご確認のうえお申し込み下さい。
※注4 注1・注2での選択を、上記受講料表中の「講座コード」の「*」の箇所に下記表の会場コードによって記入して下さい。
  例1)東京校でビデオブースで受講の場合→「講座コード16●●●*」の「*」に「H」を当てはめ→「16●●●H」
  例2)通信で受講し、媒体にDVDを選択した場合→「講座コード16●●●*」の「*」に「R」を当てはめ→「16●●●R」
※注5 デリバリーサービスでのお申し込みはできません。
※注6 通信部WEBスクールについては、生協等の代理店でのお申込みはできません。辰已WEBスクール(辰已HP上)でお申込みいただくか、各本校窓口にお問い合わせください。
  
■担当講師 新庄健二先生
 弁護士、元東京高検検事(司法修習第36期)、元司法研修所検察教官、元司法試験考査委員、元明治大学法科大学院特任教授。
 慶應義塾大学法学部卒。社会の耳目を集めたオウム事件の捜査をはじめ検察実務の最前線で活躍される一方、刑事実務教育にも携わり、実務と法曹教育の双方に通暁している。
 
  

新Professorシリーズ 司法試験論文過去問講義 【1.5時間】
和田吉弘先生による

民訴法 平成28年


 法学理論、法律実務、法曹養成の全てに通暁される和田先生ならではの講義は、単なる過去問解説講義にとどまらず、今の新しい司法試験が求める「応用の利くある程度の深い知識と法的思考力」が学べる絶好の機会となります。
  あなたの民訴学習を必ず正しい方向に導きます。
 
■開校日
 

好評受付中

  ・辰已各本校 
  ビデオブース
受付中~2/20(月)
※辰已各本校… 東京・横浜・大阪・京都・名古屋・福岡・本校
  ・WEBスクール 受付中~5/21(日)
  ・通信部DVD 受付次第随時発送
 
■受講料
  ・特別申込 【2/15(水)まで】(辰已価格)
   通学部(ビデオブース) ¥1,500   講座コード 16W4X
   通信部(WEBスクール) ¥2,000   講座コード 16W4XE
   通信部(DVD) ¥2,600   講座コード 16W4XR
  ・一般申込 【2/16(木)以降】(辰已価格)
   通信部(WEBスクール) ¥4,600   講座コード 16W4YE
   通信部(DVD) ¥4,900   講座コード 16W4YR
   
  講座コードの「」に当てはめる、通学部の会場選択・通信部の媒体選択の記号の一覧表
 
通学東京校はH
通学横浜校はY
通学大阪校はK
通学京都校はM
通学名古屋はN
通学福岡校はF
通学岡山校はL
   
 
※注1 特別申込価格には各種割引制度及び各種割引券はご利用いただけません。
※注2 通学部は、受講会場(東京校・大阪校など)を申込段階でお選びいただきます。
※注3 通信部の媒体は、WEBとDVD(DVD-R対応機種のみ可)をお選びいただきます。ご自身のWEB視聴環境等又はDVDプレーヤーをご確認のうえお申し込み下さい。
※注4 注1・注2での選択を、上記受講料表中の「講座コード」の「*」の箇所に下記表の会場コードによって記入して下さい。
  例1)東京校でビデオブースで受講の場合→「講座コード16●●●*」の「*」に「H」を当てはめ→「16●●●H」
  例2)通信で受講し、媒体にDVDを選択した場合→「講座コード16●●●*」の「*」に「R」を当てはめ→「16●●●R」
※注5 デリバリーサービスでのお申し込みはできません。
※注6 通信部WEBスクールについては、生協等の代理店でのお申込みはできません。辰已WEBスクール(辰已HP上)でお申込みいただくか、各本校窓口にお問い合わせください。
 
■担当講師 和田吉弘先生
 東京大学法学部卒業。同大学大学院法学政治学研究科修士課程(民事訴訟法専攻)修了(在学中に司法試験合格)。同研究科博士課程単位取得退学。
 司法修習生、明治学院大学法学部助教授、東京地方裁判所判事、青山学院大学大学院法務研究科教授等を経た後、現在立命館大学法科大学院教授で弁護士。理論と実務と教育とに関心を持つ数少ない存在。複雑な議論を分かりやすく説明することで定評がある。
 単著として、「基礎からわかる民事訴訟法」(商事法務・2012年)、「司法試験論文過去問LIVE解説講義本 平成18年~平成25年 和田吉弘民訴法」(辰已法律研究所・2014年)、「民事訴訟法から考える要件事実〔第2版〕」(商事法務・2013年)、「新版 論文本試験過去問 民事訴訟法」(辰已法律研究所・2005年)、「基礎からわかる民事執行法・民事保全法〔第2版〕」(弘文堂・2010年)、「緊急提言 法曹養成制度の問題点と解決策-私の意見」(花伝社・2013年)がある。
 
  

【DVD&WEB】 過去問を極める!自宅でじっくり学習できる!

→Professor過去問シリーズのご案内はこちら←

 
 
 
 
Copyright 2000-2004 TATSUMI Co.,Ltd. ALL Right Reserved.