HOME > 司法試験 > 柏谷クラス 直前フォロー答練

 
■公開:2017年01月20日
  

   
■東京本校LIVE   ■通信部(DVD)
  3/17(金)~
答練第1回
4/7(金)~
  教材発送日 3/24(金)~
      
■辰已各本校ビデオブース(講義のみ) ■通信部(WEBスクール)
  3/20(月)~5/10(水)
※辰已各本校…横浜・大阪・京都・名古屋・福岡本校
  3/20(月)配信開始
    教材発送日 3/24(金)~
     
    
 
回数 全6回
・答練3回/全7問
・講義26時間
科目 公法系・民事系・刑事系
講師 辰已専任講師・弁護士
柏谷 周希先生
別売教材 ●辰已精選過去問
  ・解説冊子&答案例
  ・答練受験者答案
受講者割引 司法試験合格開眼塾 受講者割引30%OFF
※2016年5月以降実施の【Thinking Lecture編】、【合格答案基本スキル編】(スタ論第1クール柏谷クラス)または【合格答案実戦力養成編】(スタ論第2クール柏谷クラス)の一括をお申込みの方が対象です。
  
最後に頼るなら、この人!
  辰已専任講師・弁護士 
柏谷 周希先生
 専修大学法科大学院卒。第3回新司法試験に受験1回で上位合格(論文成績上位10%以内)。 法学部時代に辰已専任講師・弁護士荒木雅晃先生の薫陶を受け、記憶や論証パターンに頼らない「実務家の書き方」に開眼、法科大学院時代もその学習方法・論述に磨きをかけ、合格後、辰已で各種のゼミを担当。受験生の弱点を熟知した指導力には定評がある。2011年秋から「合格開眼塾」(短答・論文総合演習編)を開講。2012年春に「合格開眼塾」(Thinking Lecture編)も開講。いずれも毎週10時間近い極めてハードな講座内容であるが、全国で100人以上の受講生を引っ張っている。
  教員免許を有し教育手法の開発に強い関心と意欲を有し、司法試験の対策学習においても常に新しい地平を目指し、その講義は毎年大好評を得ている。受験生が苦しむ「戦える基本知識」の一気獲得プロジェクトに意欲を燃やす。
  
  合格者から「本試験直前まで答案を書き続けた」という声が年々多く聞かれるようになりました。年々多く聞かれるようになりました。近時の事務処理能力を要求する本試験の出題傾向を踏まえれば、模試後も答案感覚を鈍らせず、磨き続けることが極めて重要です。
  そこで、全国模試A日程終了後から3週間にわたって本試験1年分にあたる答案を書いていただきます。問題は辰已精選過去問から的中と総仕上げの両面を意識してセレクトします。 
  
●模試前の講義(1科目1.5時間で全10.5時間)
学習計画に応じて模試後に聴いてもOK
  辰已の過去のスタ論・全国模試問題や本試験問題の中から、2017年に出題可能性の高い良問を、柏谷講師が毎回2問(民事系は3問)セレクトしての答案特訓講義。
  問題文の読み方、分析の仕方、答案の書き方の柏谷メソッドの集大成講義
●コンディショニング直前答練
(公法系1回・民事系1回・刑事系1回)★添削あり
  全国模試A日程終了後から3週間にわたって本試験1年分にあたる答案を書いていただきます。問題は辰已精選過去問から的中と総仕上げの両面を意識してセレクトします。本番直前まで毎週答案を書くことで答案を書く感覚を最後まで磨きます。
●解説講義及び答案講評&総まとめ
  柏谷講師が、直前フォロー答練で受験生が実際に書いた答案を基に問題分析とLIVE添削講義を行い総仕上げです。そして、直前フォロー答練終了後は、柏谷答案指導の真骨頂であるスクラップ答案講義を行います。最後の最後の答案ダメ出しと真似すべきお手本の叩き込みで最終矯正を行います。
 
 講座の流れ
※直前フォロー答練で出題する問題は、福田先生と柏谷先生のお二人の先生がセレクトした共通の問題を出題します。講義はそれぞれのクラスを担当する先生が独立して行います。
  
受けやすい答練
受け方自由自在!
柏谷先生の全講義は通学部生もWEB配信有り!
答練は教室で、講義は自宅でスマフォで受講も可能です。
※パケット通信制限にはご注意ください。
答練には自宅作成答案制度も有り!
だから、模試B日程受講生も本答練を受けられます。
 
通学部の方も、講義をWEBでいつでも何度も視聴できます。
答練は教室で、解説講義は自宅でWEBも可能です。
  
★本講座とスタ論・スタ短、全国模試を含んだお得なパックは→こちら
★本講座とスタ論柏谷クラス2C、全国模試を含んだお得なパックは→こちら
  
※司法試験全国模試パンフレットをお選びください。
 
 
Copyright 2000-2004 TATSUMI Co.,Ltd. ALL Right Reserved.