HOME > 予備試験 > 新入門講座 岩崎クラス 速習

 

■公開:2016年03月25日
■更新:2017年04月04日

学習2年目で予備試験まで合格。
司法試験合格まで最短距離を目指す。
 
 速習コースは2015年4月から2016年4月に実施した講義をDVD全巻を一括で発送するコースです。特別価格でのご提供のため、特別の割引や特典は適用されません。
 
←最新版「新入門講座 岩崎クラス 2017年春生」は
こちらをご覧ください
  
まずは、予備試験突破を目指す

 
予備試験・司法試験・ロースクール入学 
すべての基礎を一挙習得。
 
担当講師
 
辰已専任講師・弁護士 岩崎章浩先生
 
Profile 同志社大学法学部法律学科卒業、大阪大学大学院法学研究科中途退学(刑法専攻)、東北大学法学研究科(総合法専攻)修了。新入門講座岩崎クラス,立命館大学エクステンションセンター講師,関西学院大学講師(商学部),近畿大学エクステンションセンター講師,SUPERリベンジゼミなど多数の講座を担当。親身かつ気さくな指導で,参加学生を挫折させず,グイグイと引っ張る指導力には非常に定評がある。受講者アンケートにおいて,全員が「後輩に岩崎入門を勧めたい」と回答し,受講満足度が91%を記録するなど大好評を博している。
 
 予備試験に合格できれば、法科大学院修了のコスト(費用と時間)がかからず、しかも司法試験合格率も驚異的に高く、まさに超特急ルートといえます。しかし、予備試験の合格率は極めて低く、現実的な戦略として、予備試験一本ではあまりにリスクが高いといえます。ただ、だからといって予備試験へのチャレンジを最初から放棄してしまうのは悪い戦略です。
 予備試験は法科大学院修了レベルを判定する試験であるため、その対策は当然ながら難関上位法科大学院既修者入試を突破する原動力になるのはもちろん、法科大学院修了後に受ける司法試験の合格率を大きくアップさせます。そこで、岩崎クラスでは、予備試験合格を視野に入れながら、短期学習の中で司法試験で問われる論点や法的思考を、アウトプットを意識しながら学習していきます。とにかくアウトプットする力を身につけることが、最短合格への道です。
 
■時間 ■新入門講座・岩崎クラスの特徴
基礎固めを行い、予備試験合格レベルへ引き上げます。

毎回の即日起案で答案を書き、本当に講義内容を理解しているか確認。
入門段階から司法試験合格までに必要な知識・思考を事例問題に即して学習できます。

スタンダードテキストに加え、試験の得点に直結させるグラウンドワーク、実務ベース論証集、コア定義集のオリジナルレジュメを使用。 

 
■合格者からの声
 
2015年司法試験合格者 大沼 剛さん 

○立命館大学法学部
○2014年予備試験合格

 私は、2012年に新入門講座を受講しました。
新入門講座の「即日起案」は、講義後すぐ問題に取り組む制度ですが、これが一番合格に繋がった制度だと思っています。
 在学中に予備試験に合格した方々の情報を収集した際、「学習初期段階からの演習」が早期合格の秘訣であるとの共通点がありました。入門講座ではまさにこれがとりいれられています。
 学習初期段階で、いきなり答案を書くことは非常に難しいです。あきらめて起案していない方もいたと思います。しかし、私は、提出が遅れようが、基本書をみてだろうが、必ず書いていました。その結果、入門講座を終えた段階で、すでにある程度の合格答案のイメージが私の中にはありました。
 あとは、そこに知識を肉付けしていったり、過去問特有の問題傾向に合わせていったりすればよいので、後の学習が楽になります。
 しんどくても答案を提出されることをオススメします。

 
■受講料 (税込)
新入門講座・岩崎クラス 申込コード 定価
辰已価格 代理店価格
新入門講座+法律実務基礎特訓講座 H-748R \454,700 \431,965
新入門講座 
※一括・科目別共に即日起案を含みます
全科目一括(1〜7)  H-730R \438,500 \416,575
科目別 憲法 H-731R \65,200 \61,940
民法 H-732R \110,400 \104,880
刑法 H-733R \75,200 \71,440
商法 H-734R \50,200 \47,690
民訴 H-735R \55,200 \52,440
刑訴 H-736R \55,200 \52,440
行政法 H-737R \50,200 \47,690
法律実務基礎特訓講座 H-749R \40,100 \38,095
 
Copyright 2000-2004 TATSUMI Co.,Ltd. ALL Right Reserved.0613