HOME > 予備試験 > 新ラクラク裁判所職員採用試験
 
■公開:2016年04月11日
■更新:2016年11月16日
  

・担当講師

・受講料
・講師メッセージ ・裁判所職員採用試験の概要
・本講座の狙い ・サンプルレジュメプレゼント実施中!
・講師レジュメ ・E-ショップでのご購入はこちら!

 

通信部DVD 好評発売中
 
京都大学法学部卒(首席入学)。
平成25 年度予備試験合格を始め,宅建・行政書士・国家公務員Ⅰ種(現在の総合職)の合格経験を有する。
大学卒業後,大手通信教育会社の教材作成担当を経て,大学受験講師,公務員試験講師として活躍。「試験には必ず出題パターンが
ある。」という問題作成者側からの視点で指導を展開。多数の受験生を合格&成績アップへと導いた経験を持つ。
 
~新制度にもバッチリ対応!御安心下さい!!
  近年,裁判所職員採用試験は,倍率が高くなっており,専門試験の科目では,他の受験生との差が付けにくくなっています。
  そこで,突破する鍵となるのが,いわゆる一般教養試験の「基礎能力試験」と「論文試験」・「政策論文試験」です。本講義は,それらの試験に的を絞り,効率的な対策を可能としました。
裁判所職員採用試験(旧裁判所事務官Ⅰ種・Ⅱ種)は,平成24年度から新しい試験制度が採用されました。この講義は,新試験制度に対応した万全の対策をして頂くために,新規に立ち上げた講座です。新制度と旧制度の試験問題・傾向を徹底分析し,最低限の労力で最大限の効果が得られるよう,画期的な短時間&効率化を図りました。
  この講義を受講して,是非合格を掴み取ってください。

 
 「法律学習経験者」のメリットを最大限に活かしたカリキュラムを提供します!
~埋めるべき穴をピンポイントで埋める。
超短時間で効率的な攻略を目指す画期的な講座
「基礎能力試験編 (知能分野編・知識分野編)」
   知能分野編では,いわゆる数的推理・判断推理の分野を6時間で攻略!過去の出題から,裁判所職員採用試験で狙われそうな分野を集中攻略!
知識分野編では,日本史・世界史・地理・倫理・政治経済・化学・生物・物理・地学を,なんと合計たった8時間で攻略!超短時間・超効率的・超画期的な基礎能力試験対策講座の登場です。
論文の書き方を伝授&出題テーマを分析&予想
「論文・政策論文試験(法律・経済区分)編」
   公務員試験の論文試験は,司法試験などの論文試験等とは違った書き方の作法が存在します。それを形式面・内容面に分けて,分かりやすく解説。
また,過去の試験で出されたテーマを分析し,今後の出題可能性が高いと思われるテーマを予想し,解説します!
詳細かつ丁寧でボリューム満点の充実テキスト
   短時間&お手頃価格な本講座ですが,テキストの充実ぶりに自信あり!!できる限り分かりやすく,復習にも最適な,講師オリジナルテキスト
を提供します!本講座で合格を掴みとりましょう!
 
 1次試験も2次試験も「法律学習経験者」ならではのスキマを埋めます。
 
裁判所職員採用試験の概要
(試験日程等は裁判所HP や受験案内で必ずご確認下さい)
一 試験日程(平成28年度)
  総合職試験(院卒者区分・大卒程度区分)
    申込受付期間(インターネット)
4/4(月)~4/13(水)
    申込受付期間(郵便提出)
4/4(月)~4/6(水)
    第1次試験日 6/5(日)
    第2次試験日(筆記試験) 6/25(土)※
    第2次試験日(人物試験) 6/28(火)~7/8(金)
    第3次試験日(人物試験) 7/26(火)~7/27(水)
    最終合格者発表日 8/15(月)
    ※憲法は6/5(日)に実施する
       
  一般職試験(大卒程度区分)
    申込受付期間(インターネット)
4/4(月)~4/13(水)
    申込受付期間(郵便提出)
4/4(月)~4/6(水)
    第1次試験日 6/5(日)
    第2次試験日(筆記試験) 6/5(日)
    第2次試験日(人物試験) 6/28(火)~7/25(月)
    最終合格者発表日 8/15(月)
        
     本講座の対象となるほとんどの受験生は,上記1・2を受験します。そこで,本講座の対策も,基本的には上記1・2に絞って行います。

上記詳細を確認したい方,及び家庭裁判所調査官補を目指す方は下記頁をご覧下さい。
http://www.courts.go.jp/saiyo/vcms_lf/H28-sikennitteiH28.2.2.pdf
        
二 勝負は第1次試験
  第1次試験の基準点と倍率(平成27年度)
    院卒総合職:基準点12点(30点満点中)
1次試験倍率は約4.5倍
    大卒総合職:基準点15点(40点満点中)
1次試験倍率は約3.7倍
    大卒一般職:基準点15点(40点満点中)
1次試験倍率は約3.7倍
    ※基準点→下回ると不合格決定
↓↓↓
ご覧の通り,第1 次試験はおよそ4人に1 人しか合格できない試験です。裁判所職員採用試験の天王山は間違いなく第1次試験。
そこで,本講座では,第1 次試験対策に注力。ロースクール卒業生の皆さんが第1 次試験で苦しむ共通のポイントを抽出し,そこに絞った対策を行っています。
        
三 第2次試験も手を抜かない
     せっかく第1次試験に合格したら,すんなり第2次試験も突破したいところですが,法律科目が得意と言われる人たちでも不合格になっています。これはなぜなのか?
実は第2次試験の論文試験は,法律科目の論文とは作法が異なるからです。法律科目が得意であればあるほど,法律科目の作法を踏襲し,評価が伸びない危険性があるのです。そこで,本講座では,この点の対処法を徹底的に指導します。
また,総合職を目指す方に必要となる「政策論文試験」は,この試験独自の問題が出題されますので,こちらも対策を講じていきます。
 

新ラクラク裁判所職員採用試験
 科目
時間
 通信部DVD
講座コード
辰已価格
代理店価格
 一括
20h
H-750R
\36,400
\34,580
基礎能力
試験編
知能分野編

6h

H-751R
\11,500
\10,925
知識分野編
8h
H-752R
\15,300
\14,535

論文・政策論文試験

6h
H-753R
\11,500
\10,925
※DVDはDVD-R対応機種でのみ,ご利用いただけます。
ご自身のプレイヤーをご確認の上,お買い求め下さい。
※定価・フェア価格・代理店価格を含む表示価格は全て税込・送料込です。
 
サンプルレジュメプレゼント実施中!
タイトルを「裁判所職員」,本文に①お名前②電話番号を御記入の
上,「kouminfo@tatsumi.co.jp」までメールして下さい。
 
 
 
Copyright 2000-2004 TATSUMI Co.,Ltd. ALL Right Reserved.0613