HOME > 予備試験 > 予備試験を目指す大学在学生の皆様へ

 
 

■公開:2016年09月30日

 

 予備試験も司法試験もINPUTの量よりもOUTPUTの力で合否が決まります。いくら知識をたくさん頭に詰め込んでも、答案に書けなければ、全く意味がありません。試験は答案に書けたことが全て。逆に、知識量が少なくても、答案が上手く書ければ合格できます。

↓画面をクリックするとストリーミングが開始します
「ゼロから始めて短期合格を目指すには」
  大学在学中に予備試験に合格される方に多く共通するのは、OUTPUT力が極めて高いことです。したがいまして、OUTPUT力を鍛える学習を入門段階からやる、意識的にやる、そのような学習が短期合格への近道です。
(15:19)
  秋から始めて2017年に予備試験合格!
 

 基礎レベルのインプットが終了した方は、アウトプット力を鍛えるため論文演習をこなすことが大事です。どれほど努力をして知識を増やしても本試験の現場で時間内に書けなかったものは一切評価されません。また、答案の書き方如何で差がつく試験です。

↓画面をクリックするとストリーミングが開始します
「基礎を終えた方の2年目の勉強法」
  書く力は答案練習会で答案を書くことでしか磨かれません。答案練習の機会を増やし、とにかく書くことが合格への近道です。
(15:54)
  秋から演習週2回、的中率抜群の新作問題を解く!
 
 
 
 
Copyright 2000-2004 TATSUMI Co.,Ltd. ALL Right Reserved.