HOME > 法科大学院 > 法科大学院情報 > 法学既修者試験
BACK NEXT
法学既修者試験
法学既修者試験(日弁連法務研究財団主催)とは?  
  「法学既修者試験」は、財団法人・日弁連法務研究財団が主催して行われる、法学知識を測るための全国一斉の試験である「法学検定試験」の一つです。 法学検定試験2級以下と同様、誰でも受験することができます。

法科大学院によっては、いわゆる既修者コースの出願者に対して、この「法学既修者試験」の成績表を提出するようもとめている場合があります。 このような法科大学院の既修者コースを志望する場合は、事前にこの試験を受験しておく必要があります。 また、多くの大学院では、既修者コースの出願者に対し、「法学既修者試験」の成績書類を、「任意に」提出することを認めています。 このような大学院の既修者コースを志望する場合、事前にこの試験を受験して優秀な成績を収めておくと、書類審査においてプラスの評価がなされることになります。

※なお、各大学院が、既修者コースの入学試験の一環として独自に行う法律科目試験のことも「既修者(認定)試験」と呼ぶことがありますが、これは、ここでいう「法学既修者試験」は別の試験ですので注意が必要です。
 

財団法人・日弁連法務研究財団サイトへのリンク
  財団法人・日弁連法務研究財団のサイトで、法学既修者試験についての各種試験情報が公開されています。

【財団法人・日弁連法務研究財団Webサイト】
http://www.jlf.or.jp/

【→法学検定試験のページ】
http://www.jlf.or.jp/hogaku/index.shtml
 
 

 



Copyright 2000-2004 TATSUMI Co.,Ltd. ALL Right Reserved.