HOME > 法科大学院 > 2013年度版(平成25年度入試) 法科大学院合格体験記
 
 
■公開:2014年2月4日
   
 辰已法律研究所に寄せられたロースクール合格体験記の一部につき、掲載しています。
 ロースクール入試は受験生それぞれの属性に応じた対策があり、受験行動も様々です。ロースクール専願、予備試験との併願、既修コース・未修コースの併願など、ご自身に合った体験談をぜひ参考にしてください。
 

※下記をそれぞれクリックすると合格体験談を読むことができます。
   
■既修者コース合格   
「ロー入試・予備試験併願のススメ」
No.1 Y・Sさん
●合格法科大学院
・東京大学法科大学院既修者コース合格
・中央大学法科大学院既修者コース合格(全額免除)
・早稲田大学法科大学院既修者コース合格(半額免除)
・慶応義塾大学法科大学院既修者コース合格(全額免除)
○出身大学
早稲田大学法学部出身
・法曹をめざした理由
   私が法曹を志したのは、父の仕事先の顧問弁護士の方から法律の知識をいかして仕事をしていくということにやりがいがあるという話を聞き、法曹という職業に憧れを抱いたからです。
・予備試験とロースクールの併願について
   私が予備試験とロースクール入試の併願を決めたのは、予備試験の出願が始まるころでした。併願を決めた理由は、予備試験の科目範囲はロー入試の科目範囲と大幅にかぶっており、予備試験の対策をすることでロー入試の対策になるからでした。
 実際、予備試験にむけて勉強した択一知識は、法学既修者試験や慶応の択一で非常に役に立ち、また、予備試験の論文はロー入試の直前にあり、ロー入試前にこの緊張感のある法律論文試験を受けることは、気持ちを引き締め、試験慣れするのに役立ちました。
・適性試験対策および個別入試対策
 

(1)適性試験について

 適性試験はロー入試の最初の関門ということで、いい点をとれば勢いがつきます。
 私は主に過去問で問題の傾向を分析し、辰已の適性オープンという連続模試講座や適性模試で演習をかさね、問題になれるようにしました。本番でも平均をうわまわる点がとれました。

 

(2)個別入試対策(法律科目)

 私は入試直前まで体育会ボクシング部の現役部員だったので他人に比べ勉強時間が少なかったので効率よく知識をまとめ、答案作成能力を養うよう心がけました。試験に頻出で書き落としてはならないような論点には辰已の趣旨規範本で整理し、答案構成については辰已のえんしゅう本を利用し、答案構成例を何度も読み返し答案構成になれるようにしました。そしてそれらのアウトプットや事実認定、あてはめの訓練は自主ゼミで実際に答案を書いて行っていました。

・辰已講座および書籍の利用について
   上述の通り、私は論文対策として「えんしゅう本」「趣旨規範ハンドブック」を利用していました。
 短答対策としては、「短答過去問パーフェクト」を何回もまわし、それでも足りない知識があれば「肢別本」で確認していました。
 適性は、辰已の講座である「適性試験オープン」と「適性全国模試」を受講しました。演習を多くこなすことが鍵となる適性試験対策として数多くの問題になれることができ、有効でした。

・合格された今、予備試験受験とロースクール受験の併願を検討している方への

 メッセージ&アドバイス

   私は予備試験は口述試験で不合格になってしまいましたが(笑)予備試験の勉強はロー入試においても非常に役立ちましたし、予備試験のほうが緊張感がすごいのでロー入試はであまり緊張しなくなりました。これらの点で予備試験とロー入試の併願はメリットしかないと思います。迷っている方はぜひ挑戦してみてください。

【辰已講座受講歴】
答案力養成答練(2012年)、適性試験オープン、適性試験全国模試
【辰已書籍利用】
論文対策として、えんしゅう本、趣旨規範ハンドブック
短答対策として、短答過去問パーフェクト、肢別本


「予備試験対策の勉強が院入試にも活かせました」
No.2 H・Tさん
●合格法科大学院
・中央大学法科大学院既修者コース合格
・早稲田大学法科大学院既修者コース合格
・慶応義塾大学法科大学院未修者コース合格
・専修大学法科大学院既修者コース合格(全額免除)
・立教大学法科大学院既修者コース合格(全額免除)
・上智大学法科大学院既修者コース(一次試験合格以後未受験)
・首都大学東京法科大学院既修者コース(二次試験合格以後未受験)
○出身大学
上智大学法学部出身
・法曹をめざした理由
   私は法律家がいる家庭で育ったので、自分も困っている人々を助け正義を実現したいと思い、法律家を目指すことにしました。
・予備試験とロースクールの併願について
   私は学部の4年生で予備試験と院入試双方を受験することにしました。予備試験と院入試では難易度が異なります。しかし私は受験勉強を始めるのが学部の3年生になってしばらく経ってからだったので、周りから遅れをとっていました。そこで双方の対策を別々に行うことは効率が悪いので、より難しい予備試験の対策に専念することにしました。
・適性試験対策および個別入試対策
 

(1)適性試験について

 私は予備試験受験が終わるまでは予備試験に専念しようと思っていたので、適性試験の対策は模試を受ける以外一切しませんでした。4年生で予備試験の短答試験を受け、不合格を確信してから適性試験についての情報を集め、対策本を購入したので対策の入りはとても遅いと思います。本はできるだけ1冊にまとまったものが良いと思い、適当であろうと思うものを購入しました。しかし1冊だけでは問題のパターンが少なく解法も効率が悪いと感じた部分がありました。そこでもう1冊辰已の本を購入し2冊のいいところ取りをして対策をしました。

 

(2)個別入試対策(法律科目)

 個別入試については、まず過去問を解き、次に不明な点を基本書及び基礎講座のテキストで確認するという方法が一番効率が良かったです。本番の雰囲気を知るため、入試時間と同じ時間に友人と過去問を万年筆で解きました。また、私は多くの院を受験しましたので、それぞれの院入試で解けなかった点を確認し、次の院入試に活かすという方法を取りました。院入試は学部で習う重要論点を聞いてくるので、他校と同じ論点が出たこともありました。そこで、この方法はとても役立ったと思います。

・辰已講座および書籍の利用について
   辰已の書籍は1冊でまとまっていたので、非常に使いやすく何度も繰り返し学習することができました。原先生の基礎講座は重要な点にしぼって授業が展開されるので全科目の基本的な土台を固めることができたと思います。

・合格された今、予備試験受験とロースクール受験の併願を検討している方への

 メッセージ&アドバイス

   適性試験の対策について書きましたが、遅くても大丈夫なのだと安心せずに、できる時にできる対策をすることが重要だと思います。私は不器用なので効率を重視していますが、人それぞれ学習の仕方は多種多様ですので、自分に合った学習方法を作ることが大切だと思います。

【辰已講座受講歴】
原孝至基礎講座、予備試験論文コア講義(実務基礎科目)、予備試験スタンダード短答オープン、予備試験スタンダード論文答練、予備試験総択
【辰已書籍利用】
「適性試験パーフェクト分析&とき方本」

「予備試験・ロースクール受験体験記」
No.3 T・Tさん
●合格法科大学院
・一橋大学法科大学院既修者コース合格
・中央大学法科大学院既修者コース合格(全額免除)
・早稲田大学法科大学院既修者コース合格
・慶応義塾大学法科大学院既修者コース合格
○出身大学
中央大学法学部法律学科出身
・法曹をめざした理由
   私は司法試験合格を経て検察官を目指していますが、その理由は、被害者と加害者という対極にいる両者から話を聞き、その「どちらにも」納得してもらう形で法を運用するという仕事のとてつもなく大きな責任と可能性に惹かれたためです。
・予備試験とロースクールの併願について
   私は学部在学中に予備試験、ロースクール入試のどちらも経験しました。制度としてはどちらにもメリット、デメリットそれぞれあると思いますが、試験対策という視点からは両者に共通する部分がとても多く、一方への対策が他方への対策にもなるという関係にあると感じました。より正確に言えば、予備試験は科目数及び難易度においてロースクール入試を上回るため、予備試験対策を真剣に行っていれば、ロースクール入試はある程度余裕を持って臨むことができます。もっとも、4年次での並行受験は体力的・精神的に厳しい部分も多分にあるため、私は4年次での予備試験の受験は直前で回避し、ロースクール入試に一本化するスタイルを選択しました。
・適性試験対策および個別入試(法律科目)対策について
 

(1)適性試験について

 適性試験については試験2ヶ月前程から過去問演習を中心に対策を行いました。早めに一度過去問を解き、苦手な分野を把握し対策することが得策です。

 

(2)個別入試対策(法律科目)

 法律科目については、日頃から判例・基本書を利用しながら「考える」ことを念頭に置いて学習していました。3年次終了時点で全科目のインプットをある程度終えていたので、直前期は各校の過去問を時間内に解き復習するという勉強法をとっていました。範囲が膨大であり、直前期の詰め込みに限界がある以上、日々の積み重ねが勝負を分けると思います。

・辰已講座および書籍の利用について
   辰已の予備試験総択や予備試験スタンダード論文答練を受講することで、本番さながらの緊張感の中、本番を予想した問題を解く良い機会を与えてもらいました。特に予備試験についてはまだまだ過去問の集積が少ないため、辰已の模試を利用し合格への距離を測りながら勉強することはとても効果的でした。また、試験直前期は短い時間でいかに重要なポイントをおさえられるかが鍵になるので、辰已から出ている「趣旨規範ハンドブック」に情報を一元化し、それを読み返すという学習方法がとても役に立ちました。

・合格された今、予備試験受験とロースクール受験の併願を検討している方への

 メッセージ&アドバイス

   予備試験受験とロースクール受験の併願は体力的・精神的に決して楽なものではありません。ですが、両者の受験を視野に入れつつ勉強することはモチベーションが上がり、試験の経験も増え、なにより得られる成果もそれだけ多くなります。多少厳しい道でも、自分の目指す理想像とスタイルとを念頭に置き、しっかり計画を立てた上で、悔いのない1年を過ごしてください。

【辰已講座受講歴】
予備試験総択、予備試験スタンダード論文答練
【辰已書籍利用】
・趣旨規範ハンドブック、条文判例本、肢別本

「ロースクール受験体験記」
No.4 A・Zさん
●合格法科大学院
・東京大学法科大学院既修者コース合格
・大阪大学法科大学院既修者コース合格
○出身大学
東京大学法学部出身
・法曹をめざした理由
   法曹という職業は、法という側面からさまざまな分野にアプローチすることのできるという点で魅力的だと思っています。また、将来的には独立という選択肢が十分にありえ、自分の取り組みたい事案・事件を自ら選ぶことできるということも、法曹を目指そうと思った理由のひとつです。
・予備試験とロースクールの併願について
   国立大のロー入試は11月頃と遅いため、勉強が中だるみしがちですが、予備試験をひとつの目標として勉強に取り組むことによって、中だるみを回避できます。予備試験は難しい試験ですが、物怖じせずに挑戦することをおすすめします。
・適性試験対策および個別入試(法律科目)対策について
 

(1)適性試験について

 私は、適性試験対策としては過去問を解きました。対策計画を練る際に、現行の試験の形式に合った過去問の数が限られていることに気づいたので、@時間を計らずに解き、じっくり考えるために使う過去問、A時間を計って取り組み、自分の得点率や得手不得手を分析するために使う過去問を大まかに分けておきました。
 直前期には不安に駆られたので辰已の適性試験模試を受講しました。模試では、解けない問題にぶつかって焦ってしまいましたが、むしろ本番の予行演習としては最高でした。おかげで、本番ではわからない問題を潔く後回しにすることができました(笑)。

 

(2)個別入試(法律科目)対策について

 大学の友人と勉強会を組み、ロースクールの過去問を解きました。毎回取り組む問題を決めて参加者全員が答案を作成し、それを人数分コピーして検討しあうというものでしたが、自分が見落としていた論点に気づくことができたり、答案に書くべき分量がわかったりするので有益でした。

・辰已講座および書籍の利用について
   えんしゅう本と趣旨規範ハンドブックを利用しました。えんしゅう本を一通り演習した後に、えんしゅう本と趣旨規範ハンドブックを照らし合わせ、両方に掲載されている論点は基本事項とみなしてしっかり勉強しました。その後、一方のみに掲載されている論点について、時には基本書や判例集を参照して理解を深めつつ、趣旨規範ハンドブックに適宜書き込んでいって情報の一元化を図りました。
 ロー入試直前期には、できあがった書き込みだらけの趣旨規範ハンドブックをひたすら何周も見直しました。自分の勉強してきたことが集約されていると思うと、それに取り組むだけで入試に望む自信になりました。

・合格された今、予備試験受験とロースクール受験の併願を検討している方への

 メッセージ&アドバイス

   私はロースクール合格を本命に勉強しておりましたので、予備試験前に短答式試験や実務基礎科目の対策をしなければならなかった部分は、正直なところ負担でした。しかし、法律科目の論文試験については、問題の範囲も被っていましたので、予備試験向けに勉強したことでロースクールに合格するための基礎力がついたと思います。
 ぜひ果敢にチャレンジしてください。

【辰已講座受講歴】
適性試験全国模試、法律科目全国模試、答案力養成講義
【辰已書籍利用】
えんしゅう本、趣旨規範ハンドブック

「自分の目標に向かって」
No.5 N・Oさん
●合格法科大学院
・首都大学東京法科大学院・既修者コース合格
・早稲田大学法科大学院既修者コース合格
・明治大学法科大学院既修者コース合格(全額免除)
・上智大学法科大学院既修者コース合格(一次試験合格後、二次試験受験せず)
○出身大学
明治大学法学部出身
・法曹をめざした理由
   小学生の頃に親族の話を聞き、将来は同じ正義感のもと人の為に働く職業に就きたいと思っていました。そして、それを真に実現できるのは法曹という職業だと考え、目指すようになりました。
・予備試験とロースクールの併願について
   私は受験学年よりも前の時期から、どの法科大学院で勉強するのが自分にとって一番いいのかを法科大学院ガイド等で分析していました。志望校選びについて司法試験合格率の高さも重要な要素だと思いますが、立地や学習環境等2年もしくは3年間そこで頑張りきれるかという視点を持つことも大切だと思います。
・適性試験対策および個別入試(法律科目)対策について
 

(1)適性試験について

 どちらかというと私は適性試験が得意な分野とはいえず、直前期にかなり時間を使って対策をしました。対策方法は、適性試験スタンダード講座【基礎編】、適性試験全国模試の受講、「ロースクール適性試験パーフェクト 分析&ときかた本」の使用等、辰已の講座・書籍を存分に活用しました。その時は法律科目がまだ十分ではないのに適性対策ばかりやっていて大丈夫だろうかと焦りも感じましたが、ロー入試の入口である適性試験でまぁ納得のいく結果を出せその後の試験も不安なく臨めたので、方向性は合っていたのかなと思います。

 

(2)個別入試(法律科目)対策について

 はじめ、私はインプットのためにとにかく基本書を通読しなければと思っていました。
 基本書を通読することも重要ですが、アウトプットを意識しないまま漫然と行っていたので、どこを押さえなければならないのかのめりはりが分からず効率が悪かったです。その後は、講座で効率的に一定の知識を入れた上で、答練や事例問題テキストで演習し分からない部分が出てきたら基本書でその都度確認するという作業を繰り返しました。演習教材としては、講座で取り扱った問題、旧試の過去問を主に使用しました。各ローの過去問は受験直前に解き、時間の間隔を掴むのに使用するに留めました。

・辰已講座および書籍の利用について
   私はロー受験のあらゆる局面で辰已の講座・書籍にお世話になりました。特に良かったと思うのは、大学3年次に受講した原先生の基礎講座(LIVE)です。「アウトプットすることから始まるインプット」というスタイルで、各回事例問題を扱い、効率的に基礎力をつけることができたと感じます。実務の話を交えてなされる先生の説明はとても分かりやすく、自分で勉強している時には分からなかった箇所が理解できるようになり、目から鱗でした。

・合格された今、ロースクール受験を検討している方へのメッセージ&アドバイス

   どんな進路を選ぶにしても、学部成績・TOEICのスコアを上げること、法学系の資格(法学検定等)の取得等、1・2年次から付加価値をつけることをお勧めします。あと、早い段階でステートメントの内容を考えておくこと、自分の志望ローに実際に通っている先輩方に生の声を聞くことも大事です。
 ロー受験は他の進路の人と比べて長丁場で焦るときもあると思いますが、地道に勉強を続ければ自分が納得のいく結果を出せると思います。お互いに目標をもって頑張りましょう。

【辰已講座受講歴】
原孝至・基礎講座、答案力養成講義、答案力養成答練、法律科目全国模試
【辰已書籍利用】
既修者試験対策として、肢別本
論文試験対策として、外せない判例で押さえる答案作成マニュアル本シリーズ
適性試験対策として、ロースクール適性試験パーフェクト 分析&とき方本

「繰り返すということ」
No.6 T・Hさん
●合格法科大学院
・東京大学法科大学院既修者コース合格
・早稲田大学法科大学院既修者コース合格(半額免除)
・慶応義塾大学法科大学院既修者コース合格
○出身大学
一橋大学法学部出身
・法曹をめざした理由
   私が法曹をめざしたのは小学5年生の頃です。親戚の人が裁判に巻き込まれたことがきっかけでした。それ以来、私は法曹になりたい一心で勉強してきました。
・予備試験とロースクールの併願
   予備試験とロースクールの併願は十分可能であり、むしろ併願したほうが良いと思っています。最近では予備試験の合格者が増加し始めましたが、それでもなお、依然として予備試験は大半の院試のレベルを超えています。そのため、予備試験の勉強をしていれば院試の勉強を兼ねることができるし、予備試験を十分戦える実力が付けば院試でかなり有利になりますので、大学院への進学を志望していたとしても予備試験の受験は大きな意味をもちます。私自身、ロースクールと併願する形で予備試験を受験することを決意したことを正しい判断だったと思いますし、後輩の方々にも是非両者を併願することを考えていただきたいと思っています。
・適性試験対策および個別入試対策
 

(1)適性試験について

 ロースクール入試において適性試験を必須のものとすることについて、その是非を問う声が絶えません。私自身、適性試験対策をしているときには、なぜこんな勉強をしなければならないのかと疑問に思ったこともあります。しかし、現状、適性試験を受けなければならない制度になっており、これは受験生にはどうしようもないことなので、もう腹をくくってやるしかありません。適性試験は1・2・3・4部に分かれていますが、個人個人でどの部が得意かが違うので、まずは自分の得意な部を見極めてください。あとは、適性試験は時間との戦いなので、時間配分には細心の注意を払ってください。とにかくとりあえず問題を繰り返し解いて感覚を掴んでいってください。

 

(2)個別入試対策(法律科目)

 法科大学院によって傾向がかなり違うので、まずは過去問をといて傾向をつかんでください。傾向をつかんだら、その分野について基本書等で基本知識を確認したうえで、過去問を何度も繰り返し解いてください。妙に演習書に手を出すのはオススメしません。過去問こそ最良の演習書なので、過去問を何度も解くのが良いと思います。

・合格された今、予備試験受験とロースクール受験の併願を検討している方へのメッセージ&アドバイス

   予備試験論文式試験から私大ロースクール入試まで1ヶ月しかありませんので、併願する方は、予備試験論文式試験が終わったあとすぐ私大ロースクール入試の対策に着手してください。どうやって対策するかについては、まず過去問を繰り返しといてください。過去問をとくことによって傾向を掴むことができますし、また問題も良質なものが多いので非常に勉強になります。ただし、過去問には解説や論述例がないので、自主ゼミなどを組んでやるのがオススメです。がんばってください。

「長かったロー入試を終えて」
No.7 Y・Sさん
●合格法科大学院
・早稲田大学法科大学院既修者コース合格(半額免除)
・慶応義塾大学法科大学院既修者コース合格
・京都大学法科大学院既修者コース合格
○出身大学
早稲田大学法学部出身
・法曹をめざした理由
   中学生の頃、「家裁の人」という家庭裁判所判事が家庭問題や少年の非行問題を解決する漫画を読んで感動し、法曹を志すにいたりました。
・ロースクールの受験について
   ロースクール受験は長いです。夏の終わりごろには就活生はたいてい内定を決め、卒業旅行等に行っており、焦ったり不安になったりもしました。しかし、年末に京都大学の合格の通知をいただいた時の喜びは、それまで苦労した分、ひとしおでした。
・適性試験対策および個別入試(法律科目)対策について
 

(1)適性試験について

 僕は適性試験が苦手で、3年生の秋ごろに初めて解いた時は150点程度しかとれませんでした。しかし、法律科目もおろそかに出来ないので、「早めから少しずつ」対策をしようと思い、年明けから辰已の適性オープンを月に1〜2回ずつ受講してその都度問題の復習をするようにしました。その結果順調に成績は伸びて、本番では212点も取ることが出来ました。

 

(2)個別入試対策(法律科目)について

 司法試験合格率が高い主要法科大学院の過去問直近2〜3年分を友人とゼミを組んで検討しました。過去問を分析すると法科大学院は予備試験や新司法試験の過去問を意識して作られていることが多いと気付き、辰已の「新司法試験論文合格答案再現集」や予備試験「A答案再現&分析本」を使った学習に切り替えました。今年の早稲田の刑法は予備試験の刑法の問題とほとんど同一の問題が出題され、得点源にする事が出来ました。

・辰已講座および書籍の利用について
   適性試験オープンを受講しました。そのほか、慶応の択一対策に肢別本を、論文対策に司法試験・予備試験の再現答案集を、既修者試験対策に受験用重判を利用しました。

・合格された今、ロースクール受験を検討している方へのメッセージ&アドバイス

   司法試験制度の改革後、悲観的なニュースも多いですが、未だに法曹は魅力的な仕事だと思います。
 近年は予備試験ルートで法曹を目指そうという人も多いですが、良いロースクールに入れば優れた教授や同級生との出会いといったメリットもあり、最終的には予備試験に受かるつもりの人でも、ロースクール受験を頑張る事は決して無駄ではないと思います。
 僕は3年生の途中からやっと受験を意識して勉強を始めましたが、会社法や行政法などの対策が他の受験生に比べ大幅に遅れていて苦労しました。少しでもロースクール進学に興味があるのであれば、早めからの対策が一番だと思います。

■未修者コース合格   
「純粋未修者は熱意を示すことが大切」

No.1 S・Hさん
●合格法科大学院
・愛知大学法科大学院未修者コース合格
○出身大学
筑波大学第一学群名古屋大学大学院理学研究科出身

・法曹をめざした理由
   一昨年、某転職仲介会社の「適職診断」なるものを受け、「弁護士」「司法書士」「行政書士」等の “士業”に向いている、という結果が出ました。これらの資格を取得して独立したいと考え「司法書士」の学習を、一昨年の夏頃から始めました。
  志望を、司法書士から法科大学院に変えた理由は次の2点です。
  1点目は、法学をとても「面白い」と感じ、ならば法律系資格最高峰の弁護士を目指そう、と考えたことです。
  2点目は、司法書士の業務で一番興味を持ったのが「簡裁等代理権」であることです。法廷に立つことに憧れの気持ちがありました。しかし司法書士の場合、代理人を務める訴訟が非常に限定されます。簡裁以外の法廷にも立ちたい、また刑事訴訟にも関わりたいと思い、弁護士を目指そうと考えました。
・ロースクールの受験について
   大学入試と違い大学ごとの偏差値にあたるものがないため、どの程度学習すれば合格するかが分からず、非常に不安でしたが、なんとか合格できてほっとしました。
・適性試験対策および個別入試対策について
 

 適性試験は時間との戦いです。適性試験は“習うより慣れろ”だと思います。テキストや講座で基本を習得したら、過去問や予想問題をたくさん解いて慣れることが大切です。そして適性試験の模試もたくさん受験するべきです。
  次にステートメントと面接についてです。純粋未修者で現状の法学の知識が皆無の私にとっては、とにかく「熱意」をアピールすることが肝要と考えました。
  動機としては、弁護士となり、刑事訴訟で、被告弁護人として被告人の人権を守りたいことと、被害者参加弁護士として被害者の人権を守りたいことを書きました。
  面接はステートメントを元に質問をされるので、ステートメントに書いたことを自分の言葉で言えることが大切です。

・辰已講座および書籍の利用について
   適性試験全国模試を2回受験しました。書籍は「ロースクール、新司法試験をかけぬけた40歳男子、すべてを語る!!」を読みました。

・合格された今、ロースクール受験を検討している方へのメッセージ&アドバイス

   ステートメントの内容を充実させるために大切なのは“人に会って話を聞くこと”だと思います。私は刑事訴訟に関心があったので、犯罪被害者支援や犯罪加害者支援を行っているNPOの方々と会ってお話を聞きました。
  また、都道府県の弁護士会のウェブを必ずチェックしましょう。参加費無料の講演会等が開催されています。現役の弁護士さんのお話を聞けるのは非常に貴重なことです。
  ロースクールでの学習はとてもハードなので、入試ではハードな学習に耐えうるだけの熱意があるかどうかを問われます。法曹となって何がしたいかを具体的かつ詳細にステートメントや面接で示すことが大切です。
  みなさんの健闘を願っています。

「適性試験対策は悩まないで、辰已へ行きましょう。」

No.2 T・Yさん
●合格法科大学院
・横浜国立大学法科大学院未修者コース合格
・日本大学法科大学院未修者コース合格
○出身大学
帝京大学法学部法律学科出身

・法曹をめざした理由
   高校生の頃、検察官が活躍するテレビドラマを見たことがきっかけで、興味を持ちました。その後大学に入学してすぐに、法務省で行われた模擬裁判で裁判員を務め、演じてくださった最高検察庁の方々に憧れたことや大学のゼミの教授が元検察官であり、学びを通じて検察官を目指したいと思いました。
・ロースクールの受験について
   私は法学部ではありましたが、既修者としてのレベルは低いと感じていたことや基礎を学びなおしたいと考え、未修者コースのみを受験しました。
・適性試験対策および小論文対策について
 

(1)適性試験対策について
 私は適性試験が大の苦手で、下位15%から抜け出せずに進学や勉強そのものを諦めようと思う時期がありました。適性試験は過去問を解いて、平均点を上回る人は当日の環境や自身の体調に問題があっても、もうやり方が染みついてるので後は自分でどうにかなると思いますが、私のように点が取れない人はお金をだしてでも、米谷先生、石田先生の適性試験スタンダード講座(基礎、本編)を受講してください。この講座では毎回演習があり、本試験と変わらない問題をたくさん解き、頭を回転させました。
 両先生の授業は素晴らしく、私はDVDによる講義でしたがすがる思いで先生の話を食い入るように聞いていました。また、適性試験オープンでは実際の40分で良問を8回も解く機会があり、本試験で焦らないよう時間をどう使うかを毎回練習しました。適性試験は点数を取れる人と取れない人に分かれます。市販の参考書で済まそうとせず、苦手な人は辰已で講座を受講し、プロから失敗しない適性試験対策をぜひ学んでください。今だから言えますが、下位15%に残念ながら入ってしまった方は二年前の私のように「独学でどうにかなるしお金は出せない」とは思わないでください。
(2)個別入試対策(小論文)について
 小論文は何か書けばいいのではなく、この問題は何を聞いているのか、対立する意見、根拠を自分で発見する必要があります。小論文スタンダード講座マトリックス的中編、解析編では予習用に様々なローの過去問が入ったレジュメが用意されます。過去問を読むことで疑問に思うことをメモして考えることや著者の主張がわかってきます。また、毎回演習時間があり両方で24回もあります。添削は丁寧で、私は添削者のアドバイスをノートにまとめ、意識して読む人の立場で分かりやすい言葉でかつ自分で考える訓練をしました。そのかいあってか、8月の全国模試では片方の第1問で1番になりました。
 本試験では現場で考えることが求められます。日々ニュースを通じて何となくでもいいので、「なぜ、〜なのか」という疑問を感じ、いろいろなことに頭を使いましょう。
 小論文は演習あるのみですから、たくさん書く必要があるので辰已の小論文講座は演習、予習、復習、添削とすべて抜群だと思いますので受講をお勧めします。

・辰已講座および書籍の利用について
   私は未修者対策以外に入学後を考え、原先生の基礎講座を受講しました。原先生の講義はとても歯切れが良く、目の前で講義を受けているかのように集中でき、WEBの予習、復習のフォローや基本書を読む際の道しるべとしてのスタンダードテキストはわかりやすく、判例がたくさん引用されているため、百選の理解の手助けになります。テキストには余白があるため、いつでも確認できるように疑問をメモして常に問いに対応する自分流のテキストに改造しました。あくまでも、私見ですが原先生は未修者の立場で基礎を土台にする大切さを教えていると思います。

・合格された今、ロースクール受験を検討している方へのメッセージ&アドバイス

   予備試験合格者の司法試験合格率はとても高く、一方法科大学院進学者は年々減っていることから予備試験ルートでの合格を目指す方が増えると思います。確かに早く法曹になり、実務経験を積むことは重要です。
 ただ、人には様々な人生があり、その様々な人々から相談を受け、問題を解決することが求められるということはこちら側にも法曹である以前に人として経験することや大事なことがあります。(決して、どなたかを批判しているのではありません)
 人は人として割り切り、自分を知り、どうしたいかを考えてください。後悔する時間があるなら前を向いて努力し、今ではなく、未来の自分のために頑張りましょう。


【辰已講座受講歴】
原孝至基礎講座、適性試験スタンダード講座(基礎編・本編)、小論文スタンダード講座(マトリックス解析編・マトリックス的中編)適性試験オープン、小論文全国模試、適性試験全国模試(プレ含む)、志望動機書&面接対策講座、法律科目全国模試、答案力養成答練、答案力養成講義
【辰已書籍利用】
肢別本、ロースクール適性試験パーフェクト分析&とき方本2013


「善は急げ。早いに越したことはない」

No.3 T・Kさん
●合格法科大学院
・早稲田大学法科大学院未修者コース合格
・中央大学法科大学院未修者コース合格
○出身大学
中央大学法学部法律学科出身

・法曹をめざした理由
   小学校の頃、祖父が亡くなった際に、医者の対応が雑であったことから病院側の医療過誤を疑ったが、十分に話し合いが出来ず、他に為す術がなかったからです。
・予備試験とロースクールの併願について
   自分の場合には結果は伴いませんでしたが、予備試験とロースクールの併願は勉強の負担ではないと思います。どちらに重点を置くのも戦略としては十分採りうるものであると思います。今からでも気軽にどんどん併願して下さい。
・適性試験対策および個別入試(法律科目)対策について
 

(1)適性試験対策について
 適性対策としては、答練・模試を受講したのみでした。実際の適性試験本番は、1回目のもので208点でした(上位約13パーセント、点数調整済み)。過去問についてですが、自分は前年度第1回目の第2部のみを解いただけでした。みなさんは、過去問に手をつけないという行為だけは真似しないで下さい。今回は辰已の適性試験全国模試が精度の高いものであったためにこの程度で済んだと考えておりますが、仮に実際のものと精度が異なる模試で本番を迎えていたら、恐らく平均点を越えなかった可能性も十分ありえます。今から振り返れば、せめて過去問くらいは一通り解いておけばよかったと痛感しています。予備試験一般教養の短答式試験においても論理問題として数問出題されていますので、併願に際して無駄にならないと思います。
(2)個別入試(法律科目)対策について
 予備試験よりもロースクール進学に重点をおいていました。既修と未修の併願をしておりました。
 法律科目に関しては、スタートが遅かったせいか、自分は結果が出せませんでしたので、この欄については他の人に譲ります。ただ一言だけ書くとすれば、スタートは早い方がいいです。早すぎるという言葉は、予備試験が存在する以上、有り得ません。

・辰已講座および書籍の利用について
   講座については、辰已適性試験全国模試(プレ・1回・2回)を受講しました。書籍については、ロースクール適性試験パーフェクト分析&とき方本2013を使用しました。自分が苦手な適性試験第2部の問題を解いた際に、解答方法が参考になりました。

・合格された今、予備試験受験とロースクール受験の併願を検討している方へのメッセージ&アドバイス

   予備試験は受けた方がいいです。過去問は解いた方がいいです。スタートは早い方がいいです。
 上記の繰り返しとなりましたが、以上とさせて頂きます。

【辰已講座受講歴】
適性試験全国模試
【辰已書籍利用】
ロースクール適性試験パーフェクト分析&とき方本2013
 
Copyright 2000-2004 TATSUMI Co.,Ltd. ALL Right Reserved.