HOME > 法科大学院 > 2019年受験/2020年入学目標ロースクール
論文えんしゅう講義100
 

■公開:2019年01月15日

  
 
  講座仕様
対 象
法科大学院既修者コースを受験する方
回 数

憲法12時間・行政法11時間・民法26時間・商法12時間・民事訴訟法12時間・刑法15時間・刑事訴訟法12時間

教 材
■NEW えんしゅう本シリーズ
(辰已法律研究所刊行/別売)
※2019年2月発売予定の改訂版に対応した講義ではございません。
担当講師
辰已専任講師・弁護士 宍戸博幸先生
辰已専任講師・弁護士 松永健一先生
 
  近年の法科大学院入試法律科目の出題傾向は、将来受験する司法試験を睨んでか司法試験頻出論点が多く出題されております。論文式試験では①法の解釈とそれに基づく②事案の分析・あてはめの双方が求められます。
①法の解釈とは、条文の文言の解釈をして、規範を定立することです。
②事案の分析・あてはめとは、法的に重要な事実を拾い上げ、評価して、規範にあてはめて、結論を導くことです。
  ①の要素が重視されているのが、旧司法試験です。
  ①の要素に加えて②の要素も重視しているのが新司法試験です。
  旧司法試験と新司法試験の中間にあるのが法科大学院入試や予備試験です。
  
  そして、②は①を前提とします。「②事案の分析・あてはめ」は、規範をフィルターにしてこそ可能となるからです。
  したがって、理にかなった効果的な論文対策とは、まずは①の要素が重視される旧司型の短文事例問題で法解釈・規範定立のトレーニングを集中的に行い、次に②の要素が重視される新司型の長文事例問題で十分に鍛え上げた規範定立力を前提に事案分析・あてはめの力を磨く、という①→②の順番で行うものです。
  
  そこで、本講座では、まずは①法解釈・規範定立を鍛えることを狙いとします。
  講座で使用するのは旧司・予備の本試験過去問を1科目40問掲載している「NEW えんしゅう本」シリーズです。基本事例・基本論点の思考論述の流れが豊富に学べると大好評の本を素材に、法解釈・規範定立を極めて重視しその指導ノウハウに長けた講師が、自身のオリジナル論証例も加えながら、具体的な論述方法や事案分析で重要となる判例規範の射程まで幅広く丁寧に解説します。
  

辰已専任講義・弁護士
宍戸 博幸先生

早稲田大学法学部卒業・上智大学法科大学院既修者コース出身。受験生時代から判例百選を素材に一問一答ゼミなど工夫を凝らした判例学習を強く意識してきた。その経験を基にした判例学習講義やゼミで受講生から高い評価を博する。人に教えることが本当に好きで塾講師・家庭教師の経験豊富。勉強方法の的確なアドバイスで支持を広げている。
辰已専任講義・弁護士
松永 健一先生

東京大学法学部卒業後、早稲田LSに進学・修了するも、司法試験には3度不合格(当時は受験制限5年3回まで)、その後、北海道大学LSに進学し、在学中に予備試験合格、そして司法試験上位合格に。挫折と成功の双方を体験しているからこその、説得力ある指導ノウハウが好評を博している。
  
■スケジュール
 通信部WEB

配信期間:配信中2019/5/19(日)
教材発送:申込受付後随時 
申込締切:2019/3
/31(日)

 通信部DVD
教材発送:申込受付後随時    
申込締切:2019/3/31(日)
   
■受講料(税込)
論文えんしゅう講義100   講座
コード
通信部 DVD 通信部
WEB
通信部
WEB+DVD
辰已
価格
代理店
価格
辰已
価格
代理店
価格
辰已
価格
代理店
価格
一括   18W51* \247,000 \234,650 \235,800   \258,200  
科目別 憲法 18W52* \31,200 \29,640 \29,800   \32,600  
行政法 18W53* \28,600 \27,170 \27,300   \29,900  
民法 18W54* \67,600 \64,220 \64,500   \70,700  
商法 18W55* \31,200 \29,640 \29,800   \32,600  
民事訴訟法 18W56* \31,200 \29,640 \29,800   \32,600  
刑法 18W57* \39,000 \37,050 \37,200   \40,800  
刑事訴訟法 18W58* \31,200 \29,640 \29,800   \32,600  

■下記の受講形態の選択と注意事項を必読の上で、上記受講料表にあてはめ、お申込みください。
(1)受講形態を通信部の場合、媒体(WEB・DVD・WEB+DVD)からお選びいただきます。
  下記の媒体記号一覧表から受講する会場記号(アルファベット)を上記受講料表中の講座コードの「*」の部分にをあてはめてください。
  例)通信部の媒体にDVDを選択した場合→「講座コード18●●●*」の「*にR」を当てはめ→「18●●●R」
  〔媒体記号一覧表〕↓

通信 DVDはR  通信 WEBはE 通信 WEB+DVDはW
(2)注意事項

※注1 通信部WEB受講は、生協等の代理店でのお申込みはできません。辰已WEBスクール(辰已HP上)でお申込みいただくか、各本校窓口にお問い合わせください。※注2 通信部DVDの媒体はDVD-R対応機種でのみご利用いただけます。通信部WEBはWEBスクールにて視聴環境をご確認のうえお申し込みください。

  

  
 
Copyright 2000-2004 TATSUMI Co.,Ltd. ALL Right Reserved.