2021年度 予備試験に挑戦される皆様へ

挑戦者の皆さんへ

いよいよ第11回予備試験の開始です。
果敢なる挑戦者である受験生の皆さんに、辰已は心から敬意を表するとともに、本年のご成功を深く祈念しています。
辰已恒例の、辰已講師陣からのエールをお届けします。
少しでも皆さんへの応援になれば幸いです。

辰已法律研究所 所長 後藤守男

予備試験短答式試験受験生への激励

短答式試験は、集中力こそが重要ですから、意識的に集中力を高めつつ、最後まで気力を持ち続けることができるようにすることが肝心です。

短答式試験には正解が必ずあるのですから、最後の肢の選択まで突き詰めて検討してください。そして、迷った肢に出くわしたら、その基本から考え直すことが正解に到達するでしょう。このような姿勢を貫けるかはやはり集中力の持続です。

短答式試験では、得意の科目を優先して解答し、やや苦手な科目のために時間を割いてじっくりと考えましょう。最後まであきらめず、時間ぎりぎりまで考え抜いて、そして栄冠を勝ち取ってください。

昨年同様、今年もコロナ禍での受験となりましたが、条件は全員一緒です。頑張ってください。

元司法研修所教官・弁護士 新庄健二先生

元東京高検検事
元司法研修所教官
弁護士
新庄健二先生

短答で7割取るために

気が付けば本試験の日を迎えました。受験生はアスリートと同じで、1日のために様々な角度から準備をしてきます。短答で一番大事なことは満点を取る必要がなく、合格点を取ればいいということです。逆に言えば、どうでもいい問題をどんどん捨てていき、取れる問題で確実に点を重ねていくことです。問題を解いている最中に悩むことがあるでしょう。悩んだら自分を信じて自分が〇だと思うものをマークしてきてください。分からない肢は無理せず△を書きましょう。皆さんの健闘を祈ります。

辰已専任講師・弁護士 西口竜司先生

辰已専任講師・弁護士
西口竜司先生

1点でも高い点数を取ることを目指そう。

短答式試験の正確な合格点は、試験中には分かりません。したがって、貴方が試験中に意識すべきことは、「1点でも高い点数を取ること」に尽きます。そのために必要なことは、3つと考えます。

第1に、自分が解ける問題を確実に早く正解することです。

第2に、自分がよく分からない問題にこだわらないこと、言い換えると、短い時間で間違えることです。

第3に、とりあえず3~5問飛ばし、最後の問題まで一度早く辿り着くことです。そして、飛ばした問題の中から、時間をかけさえすれば正解できるものを何問か選び、その問題を解き切ることです。最後まで解かなかった問題には、自分が予め決めているものをマークします。ちなみに、私は、3と決めてマークしていました。

貴方が今年の予備試験に合格されることを祈念いたします。

辰已専任講師・弁護士 福田俊彦先生

辰已専任講師・弁護士
福田俊彦先生

「すべてはここから始まる」

短答式試験です。今日が,皆さんの輝かしい未来へ向けた記念すべき第一歩となる日です。まずは胸を張ってください。後は,試験に全集中です。短答式試験には合格基準点があります。その合格基準点を超えるかどうかにだけ集中してください。数問間違えても合否に影響はないので,あまり一問にこだわらず,分からない問題は程よく切り上げることも重要です。

辰已専任講師・弁護士 松永健一先生

辰已専任講師・弁護士
松永健一先生

「最終チェック 択一試験の陥穽はここだ!」

未曾有の事態の中、心身の状態を力強く維持し、よくここまで辿り着きました!皆様に心からの敬意を表します。

さて、今年に関しては、戦力の調整が極めて難しく、完璧な準備ができた人は皆無です。ですが、ここは発想を転換して、現有戦力をフル稼働して戦いぬく覚悟を決めましょう。あなたの今の全てをぶつけていくのです!必ず次なる論文試験への道は開けます。

1...本試験特有の時間の流れ方に注意
1問約2分を死守。本番では緊張感と「大事に行こう」感が共に作用して、模試より時間を食うので、時間配分には注意。正解の見込みが立たない場合、勇気をもって捨てる。1問を無理に取りに行って時間不足となり、全体が破たんすることだけは回避する。

2...思考を停止させないこと
考える作業から逃げない。特に判例の事案を少し変えて現場思考をさせる問題等では、記憶した知識に逃げ込まず、しっかり考えること(思考を放棄すると間違うようにできています)。

3...初見の問題は「必ずあるもの」と腹をくくること
見たこともない問題から逃げない。本番では、見たことがない判例・知識問題が必ず何問かは出ます。本試験とは「そういうもの」なので、逃げないこと。既存の知識、今まで蓄えてきたリーガルマインドや、一般常識も駆使して解答すればOKです。

4...諦めたら試合終了
合否を分けるのは執念の強度。本番が物凄く難しく思えるのは毎年のこと。「もうだめだ」と投げ出さず、最後の最後まで粘り抜くこと。

辰已専任講師・弁護士 金沢幸彦先生

辰已専任講師・弁護士
金沢幸彦先生

「集中力をもって試験に没頭して下さい」

予備試験短答式試験は,今年も合格ライン付近は大変な激戦になるものと思います。短答式試験こそ,集中力をもって臨んで下さい。焦らず,丁寧に読んで,思考する。毎年,つまらないミスで失点したという話はよく聞くところです。得点を最大化するためには,法律的知識だけが必要なわけではありません。集中力を持って,試験に没頭して下さい。

辰已専任講師・弁護士 原孝至先生

辰已専任講師・弁護士
原孝至先生

心はホットに,頭はクールに

法律家になりたいからこそ,これまで色々なものを犠牲にして勉強してきたはずです。どんな状況でも,勝つための方策を考え,よい結果を得るために喰らいつく気概を持つ人が,予備試験を突破していきます。自分が弁護士・裁判官・検察官として働く姿をイメージして,自分の心に火をつけ直しましょう!

あくまで頭はクールに。選ぶべきは正解の肢か誤りの肢か,選ぶ個数は1個か2個か,正しくマークしているか,慎重にひとつひとつ解いていきましょう。

まずは第一関門!ホット&クールに突破してしまいましょう!

辰已専任講師・弁護士 宍戸博幸先生

辰已専任講師・弁護士
宍戸博幸先生

「先に進む」ために

予備試験の択一は、「時間の使い方」が全てだと思う。もちろん、相応の知識があることが前提となるが、それすらも限りある試験までの時間をどのように配分してきたかの結果だと思う。つまり、択一で終わりではなく、その後には論文もあり、さらに来年には司法試験も控えているわけだ。将来、皆さんが「法曹」になった際には、受験勉強が可愛かったと思うくらい逼迫した状況が来るかもしれない。そういったときに必要となるのは「何を優先させるか」という判断力である。「時間の使い方」とはそういう意味であり、ときには「先に進む」ことも必要となる。択一は合格ラインに達しさえすればいい。「先に進む」ために、問題を飛ばして「先に進む」勇気を持ってもらいたい。

辰已専任講師・弁護士 村上貴洋先生

辰已専任講師・弁護士
村上貴洋先生

天使のように繊細に、悪魔のように大胆に

「天使のように…悪魔のように…」などと言うと、最近スキャンダルを起こした元アイドル歌手のヒット曲と勘違いする人がいるかもしれないが、そうではない。映画監督である黒澤明の好きな言葉に「悪魔のように細心に、天使のように大胆に」という言葉があるが、私が書いた言葉は、司法試験のある合格者が短答試験の心構えとして紹介したもので、その由来は不明である。

ただ、肢を丹念に読み込み、わからないときは大胆に決断して肢を切る、というのは短答試験で必要な心構えである。心の片隅にしまっておいて、もし迷ったら、そうつぶやいて解答してみよう。

辰已専任講師・弁護士 稲村晃伸先生

辰已専任講師・弁護士
稲村晃伸先生

冷静に 常識的に

短答式試験は,スピードとの勝負です。日々磨いてきた基礎力が直截に現れる試験であり,平常心こそが試験を勝ち抜く根幹になります。

予備試験の短答式試験には,各問に「意図」があります。条文,判例についての正しい理解が皆さんを正解に導きます。

テーマは様々ですが,出題者が問いたいことは,制度の趣旨をきちんと理解して法律を使いこなす素地があるかどうかです。それぞれの場面でどのようなルールがふさわしいのか,制度趣旨を考えれば正解が分かる問題も少なくありません。迷ったときは,常識的な解答を選びましょう。いつもと違うことをする必要はありません。

悩みは皆さんから時間を奪うかもしれません。難問は誰にとっても難問です。そこで止まるべきではなく,最後まで集中を切らさずに全力で走り抜けることです。基本を堅実に解いていくことが最善の結果につながります。

辰已専任講師・弁護士 城戸直樹先生

辰已講師・弁護士
城戸直樹先生

2021年予備試験、勝負の時です

さあ、いよいよ勝負の時です。よりによってこのコロナ禍での人生の大一番を前にして、さすがに緊張なさっているはずですね。しかし、誰かに「させられる」のではなく、自ら「選んだ」 道。あの日、一念発起して春夏秋冬・朝昼晩学び続けてこられた事実は揺るぎないものですし、 何より挑戦する勇気、素直に素晴らしいと思います。

私からは、この期に及んで気の効いた言葉などなく、ただただ激励したいと 思います。頑張ってください! 正当な努力には正当な結果が伴うことを、確信しています。

伊藤賀一先生

伊藤賀一先生

タイトルとURLをコピーしました