過去問手薄分野カバー
リアリスティック択一演習

新発想の択一式演習。過去問手薄分野をカバーして択一式の得点アップを狙う
全4回/各回択一式35問

リアリスティック択一演習はこんな講座!

  
●講座サンプル動画&レジュメ見本
※準備中。公開まで、今しばらくお待ちください。

担当講師

松本雅典 専任講師

法律学習未経験ながら司法書士試験受験を決意し、わずか5か月の勉強期間で平成22年度司法書士試験に一発合格。
同じ年に宅建試験および行政書士試験も受験し、すべてに一発合格を果たした。過去問の徹底的な分析を行うだけでなく、記憶術や独自の解答術を駆使した勉強法を実行。それらを公開しているブログ「司法書士試験リアリスティック合格ブログ」は受験生の間で評判になった。
現在、当研究所において「リアリスティック一発合格松本基礎講座」を担当中。

リアリスティック択一演習の特徴→詳細はこちら

過去問だけでは足りない分野をどうするか
最も新しく出題科目になった憲法、改正により内容に大きな変化があった債権法と相続法(いずれも民法)、平成17年制定でその後に大きな改正もなされている会社法とその登記手続を定める商業登記法。これらの科目は現時点で使える過去問数が相対的に少なく、過去問を解いただけでは全範囲を網羅することができません。よって、これらの科目の全範囲について知識をチェックするためには過去問以外の問題演習による必要があります。
このような必要性を考慮し、本講座では、上記の科目に特化して、足りない知識のカバーを演習形式で行います。

スケジュール&受講料→詳細はこちら

■スケジュール
・東京本校 1/28(土)配信開始
・WEBスクール 1/29(日)配信開始
・DVD 1/27(金)発送開始

■受講料(税込)


▶2023対策の演習はこれで決まり!

●2023演習パック →詳細はこちら
パック内容:リアリスティック択一演習|記述パワーアップ答練司法書士オープン総合編全国総合模試

 

タイトルとURLをコピーしました