記述パワーアップ答練

ゆっくり、しかし着実に、登記法のレベルを向上させたい人のための答練
不動産登記・商業登記/全8回

記述パワーアップ答練はこんな講座!

  
●講座サンプル動画&レジュメ見本
※準備中。公開まで、今しばらくお待ちください。

●記述パワーアップ答練ガイダンス(日吉雅之講師)

合格者の声

令和3年度司法書士試験合格者 S.Tさん

辰已の記述パワーアップ答練では本試験の記述頻出論点を網羅しており、難易度としては本試験より難しいと思います。しかし私はこの講座を受講し本試験より難しい問題にある程度慣れておくことで本番余裕をもって解くことができ、実際本番の記述ではかなり高得点を取ることが出来ました。難易度が高いといっても見たことがないひな形や論点が出ることはあまりなく、問題の分量が本試験より多いことや事例がより複雑になっているという具合ですので教科書の知識で問題を解くことは可能です。事例が複雑な分、より教科書の知識の正確性が要求されるので教科書の復習には最適だと思います。また、この講座には記述以外にも不動産登記法と商業登記法の択一問題もあるので、苦手意識のある方は問題演習できるのも魅力の一つだと思います。


令和3年度司法書士試験合格者 H.Aさん

司法試験からの転向者が増加しているせいか午前択一では差がつきにくい状況が続いています。したがって勝負は午後、特に択一・記述含めた登記法を総合的に盤石のものにしていく必要があります。当記述答練は択一問題も付属しているため、バランスよく適度な間隔で実力養成できます。
問題の質ですが、本試験より難易度が高めです。私はほぼ毎回出題者の仕掛けに引っかかりました。余談ですが「オレオレ詐欺に引っかかる人を責められないな」と思いました。
鍛えていただいた結果、不登法19.5点商登法28点(前年不登法16.5点商登法17点)取ることが出来ました。特に商登法は簡単すぎて逆に心配になった位、しかもケアレスミス3件での点数です。
解説は風間講師の実務と関連づけた記憶に残る、じっくり語り掛けるような講義。そして、日吉講師の一分のスキもない、流れるような講義。各々個性的な講義です。

記述パワーアップ答練の特徴→詳細はこちら

1. 隔週実施なので無理がない。  記述式答練でありながら択一式問題も解けるので、まさに一石二鳥の答練となっています
2. 記述式答練なのに択一式問題も付属。  登記法の論点網羅に役立ちます
3. 教材の仕様は司法書士オープンと同じ。  工夫された形式と詳細な解説文。解説講義も記述式&択一式。

スケジュール&受講料→詳細はこちら

■スケジュール
・東京本校 9/11(日)
・WEBスクール 9/11(日)配信開始
・DVD 9/9(金)発送開始

■受講料(税込)


▶2023対策の演習はこれで決まり!

●2023演習パック →詳細はこちら
パック内容:記述パワーアップ答練|リアリスティック択一演習司法書士オープン総合編全国総合模試

 

タイトルとURLをコピーしました