HOME > 司法書士 > 合格者・受講生の声> 平成23年度司法書士試験合格者の声

 

  平成23年度司法書士試験合格者 S.Fさん
1年合格総合コース受講者

「本当に海老澤先生様々です」
 私は、特に記述問題の解き方が全く分からず困っていました。
予備校のいろいろな講座を受けてみたのですが、自分には時系列で考えていく方法があまり合わなくて、また、表を中心に説明する講義もあったのですが、その表を憶えていくのが苦手で、本当に苦労しました。
 そんな折に辰已で海老澤先生の講義に出会いました。そのとき、これだ!と思いました。
 そしてすぐに海老澤先生の1年合格総合コースを受講することにしました。

 まず、海老澤先生は板書を沢山します。
 それまで私の知っている講師はほとんど板書しない人が多かったのですが、海老澤先生の板書は圧巻でした。先生の板書中心の講義が私にはとても合いました。
 様々な図を描いて、そこに事実や書くべき事項を書き込んでいくんですが、それがとても分かりやすく頭に入りました。
 そこで、私は、自分でも海老澤先生のマネをして記述の問題を解くようにしていったら記述の解き方がすごく分かるようになりました!
 また、海老澤先生の人柄にも感動させられました。海老澤先生は講義をする前にまず自ら礼をします。そして、講義の終わりにまた礼をされる。また、講義終了後は受講生の質問に丁寧に答えてくれます。最後の質問者が帰るまで教室に残り、さらに先生は受講生が帰るときには必ず頭を下げておられました。他の予備校ではこんなことをする講師はいなかったので本当に感動しました。
 1年合格総合コースを受けて、苦手だった記述では、それまで1問10点から15点位しかとれなかったのですが、海老澤効果で30点から時には35点取れるようになりました。
 もう本当に海老澤先生様々です。
 海老澤先生に出会わなければ合格が出来なかったのではないだろうかと、本当に思います。

 
  平成23年度司法書士試験合格者 Y.Sさん
司法書士オープン受講者
「良問」
  率直に言って、辰已の司法書士オープンは良問揃いです。重要な過去問からの出題が多い点や過去問をアレンジして新たな視点から出題している点が特徴的です。また、条文、判例、先例などのはっきりした根拠に基づいて作成されています。したがって、非常に復習がしやすいです。難易度は本試験レベルに近いため、基準点も高く、毎回緊張感がありました。年内から一貫して司法書士オープンを受講すると、本試験で出題されうる論点はほとんどカバーできます。出題論点をカバーしている以上、本試験と同様又は類似の「的中問題」が毎年出現するのは当然の結果です。
 つまり、辰已の司法書士オープンをきちんと復習すれば、本試験で「あっ、見たことある!」といった問題が続出します。

 
  平成23年度司法書士試験合格者 S.Mさん
司法書士オープン受講者
「問題の質」
  辰已のホームページなどを見たところ、司法書士オープンは、択一、記述ともに問題のレベルが本試験に近く、また記述式の問題は特に質が高いという評判でした。私は記述の強化をする必要があったため、記述に力を入れている予備校の答練を受けたいと思っていたため、司法書士オープンの基礎パーフェクト編(現:頻出論点編)、科目別・範囲指定編、総合編、及び全国模試をパックで受講することにしました。
 実際受講してみると、評判通りの問題の質で、科目別・範囲指定編、総合編については、毎回不動産登記、商業登記の記述の問題が出されるため、問題演習も十分な量をこなすことができました。
 
  平成23年度司法書士試験合格者 T.Yさん
司法書士オープン受講者
「過去問から大きく外れない問題」
  「司法書士オープン総合編」の択一は、奇問・難問の類が少なく、過去問から大きく外れない問題が作成されていたと思います。そのため、本試験でも辰已のオープンを受けている感覚で、リラックスして受けることができました。記述については、問題が良く練られており、他の予備校よりもずば抜けて良かったという印象を持っています。特に、出題されている論点は基本的ではあるが重要なものばかりであり、その論点を、これでもかというほど問題にテンコ盛りに織り込んでおり、また、その論点が分からないように巧みに隠してるテクニックは秀逸でした。そして、問題を解く過程で、その隠された論点を見つけていく度に、思わずにやけてしまったり、小さくガッツポーズがでてしまったりと、楽しく記述式の問題に取り組めたのを思い出します。
 
  平成23年度司法書士試験合格者 M.Sさん
記述&択一スピードUPラーニング講座受講者
「自分のペースで学習が進めやすかった」
 記述式で自信を持って解答することができなかった反省から、基礎を再確認するつもりで「択一・記述スピードUPラーニング講座(記述編)」を受講しました。自分のペースで学習が進めやすかったのと、各回に1問ずつ[ 注:2010年当時。現在は2問] 答練レベルの問題が出題されるので、夏の時期から問題演習ができるのが魅力でした。
 
  平成23年度司法書士試験合格者 S.Fさん
超速解!小玉塾受講者
「点数が伸び悩んでいる方にはとても有意義な講座」
 小玉先生の超速解講座は、その名の通り、本試験記述式を速く解けるテクニック満載の講座であると共に減点されない答案を作成するのにも効果が現れる講座です。記述式の時間が足りなくなるという方はもちろん、点数が伸び悩んでいる方にも小玉先生の超速解講座はとても有意義な講座であると思います。
  
  平成23年度司法書士試験合格者 A.Kさん
択一Level Up講座(=現在の実戦LEVEL完成講座)受講者
「さすが海老澤先生、絶対に期待を裏切りません!」
 択一Level Up講座を前年度全科目受講しましたが、今年度は必要最小限の科目に止めようとして、会社法・商業登記法のみ受講しました。授業内容は、毎年同じかと思いきや、さすが海老澤先生、絶対に期待を裏切りません。パワーアップした内容で、「他の科目も取った方が良かったかな?」と何度も迷いました。結果は合格したので、よかったということになりますが、若干悔いが残っています。
 
  平成23年度司法書士試験合格者 T.Yさん
「択一Level Up講座」「記述猛チャージ講座」(=現在の実戦LEVEL完成講座)受講者
「目からウロコが落ちたという噂は、まさしくその通り」
 今まで私は入門講座を含めて、答練・模試以外の講座を利用したことが無いので、何も基準にするものがありませんでした。そんな中「択一Level Up講座」「記述猛チャージ講座」を受けようと思ったのは、いくつかある無料ガイダンスを申し込んでみて、海老澤先生の講義が自分に一番しっくりきたからです。
 実際受講してみて、海老澤先生の流暢な喋りに引き込まれました。ひとつの基本論点から関連している論点へ拡げて行く形式の講義でしたので、自分自身の勉強方法の参考にもなりました。また、今まで自分の中で理解できていなかった論点や、間違った理解で覚えていた論点などが海老澤先生の講義の中で明らかになった時は、思わず笑ってしまう程のインパクトがありました。
 海老澤先生の講義では、目からウロコが落ちたという話を聞いていましたが、まさしくその通りでビックリしました。あと、私は条文をあまり読まなかったのですが、海老澤先生の講義では頻繁に条文を確認するので、条文の重要性も再認識できました。おかげで、かなり条文を引く癖が付いてそれも合格に大きく寄与したと思います。中上級レベルの方で、「合格するのに自分には何かが足らないのだが、それが何か分からない。」と壁にぶつかっている方は、一度海老澤先生の講義を受けてみると、もしかすると突破口が見つかるかも知れません。
  
 
 

このページのトップへ戻る

司法書士トップへ戻る
Copyright 2000-2004 TATSUMI Co.,Ltd. ALL Right Reserved.