HOME > 司法書士 >司法書士2019年受験 リアリスティック一発合格松本基礎講座 追っかけチャレンジコース

■公開:2018年10月27日

2019年受験。このやり方ならまだ間に合う。
  
・ガイダンスのご案内 ・全科目一括申込者特典書籍プレゼント
・追っかけチャレンジコースについて ・講座スケジュール
・講座体系・モデルスケジュール ・講座受講料
・合格者の声 ・資料請求はこちら

  
  
●松本雅典(まつもと まさのり)講師

1986年生まれ
2010年1月31日 司法書士試験の勉強開始
2010年 7月 司法書士試験初受験
2010年11月 司法書士試験合格
2010年12月 宅建試験合格
2011年1月 行政書士試験合格
2011年9月 簡裁訴訟代理業務認定取得
2011年10月 辰已法律研究所において記述体系BASIC答練講師を担当
2012年5月 辰已法律研究所おいて「リアリスティック一発合格 松本基礎講座」の講義を開始。
2018年 「リアリスティック一発合格 松本基礎講座」 第7期がスタート
 

『5ヶ月合格法』ならまだ間に合う!

リアリスティック一発合格松本基礎講座

追っかけチャレンジコースガイダンス

【松本講師からのメッセージ】
 このコースは、11月~12月にスタートして、翌年度(2019年度)の合格を目指す講座です。通常のコースに比べ、準備期間はかなり短いです。この期間で合格した講師は、ほとんど皆無です。しかし、私は5か月(1月末スタート)で合格しています。業界最短で合格した私と、来年度の合格を目指してみませんか?

●無料 ●通信部コード(DVD-R):18GBKR(最終申込締切:12/16(日))


 
 
  「司法書士5ヶ月合格法」で知られる松本雅典講師。難関資格である司法書士試験にわずか5ヶ月の学習期間で合格を果たしました。
  その松本講師の勉強法を結集して作ったのが「リアリスティック一発合格松本基礎講座」です。
  2012年に第1期生が学習を開始。2018年5月開講の第7期も、通信部(DVD・WEB)を中心に、全国で多くの方が受講中です。
  2019年度本試験まで、2018年11月には残り8ヶ月を切り、12月には残り7ヶ月を切ります。
  しかし、5ヶ月合格法の理論によれば、2019年合格はまだ射程内といえます
 そこでこのたび、短期合格にチャレンジする方のために、 「リアリスティック一発合格松本基礎講座」特別編成版 『追っかけチャレンジコース』 を設けました。
ハイスピードで講義を視聴し、超短期学習・最速合格を目指すためのコースです。
  受講期間が短いことを考慮し、また超短期学習に挑戦される方を応援する意味も含め、通常の受講料より低廉な特別価格で販売させていただきます。
リアリスティック一発合格松本基礎講座 全科目一括(DVDコース)
通常価格¥444,000を
追っかけチャレンジコース(DVD限定)
特別価格 ¥388,200(代理店価格¥368,790)

  

※上記は「MP3プレーヤー付き」の価格です。
「MP3プレーヤーなし」の価格は→こちら←をご覧ください。

<申込受付期間>
2018年11月10日(土)~同年12月20日(木) 〔12/20消印有効〕

【ご注意】
1.
リアリスティック一発合格松本基礎講座DVDコースには、通常、「通学部自由受講」および「講義音声ダウンロード」という特典がありますが、本特別コースにつきましては、恐縮ながら運営の都合上これらの特典は適用されません。ご了承下さい。なお、「シャドウイング音声のダウンロード」は本特別コースをお申込みの方にもご利用いただけます。
2. 本講座の受講者特典に関しましては、専用パンフレット掲載の特典のみに限らせていただきます。
3. 本講座への割引制度の適用は、専用パンフレットP.13に掲載されている割引制度のみに限らせていただきます。
  ※合格Mate割引は適用されませんので、ご注意ください。
4. 本特別コースお申込みの方につきましては、辰已法律研究所司法書士オープン(2019年4月開講の総合編全8回&全国総合模試2回(合計価格/通学部¥79,400・通信部(DVD)¥90,700・通信部(WEB)
¥87,400・通信部(WEB+DVD)¥95,100)をお申込みの際に割引を受けることができます(本特別コース申込者に¥4,000の割引券を交付いたします)。オプション講座の詳細につきましては、こちらをご覧ください。
 
  
  
  本講座を受講して2019年度合格を目指すための学習スケジュールの一例を以下に示しました。
  全科目を3回繰り返して学習する(3周する)のが基本となっています。
  他資格も含め一定zqの学習経験(例えば宅建士・行政書士での民法等の学習経験など)がある方は、科目ごとの配分を変えるなど、アレンジをしてご使用ください。
  2周目の時期には、演習講座(答練講座や模擬試験)を受講されることをお薦めします(下記は、直前答練が本格化する4月中旬までに1回目のインプットが終了するスケジュールとなっています) 。

↑クリックすると大きな画像が見られます↑

 
9ヶ月半の勉強期間で一発合格!

T・Mさん

平成30年度(2018年)司法書士試験 筆記試験合格者
  
短期合格の秘訣は読むだけでなく「聞いて覚える」。

私がこの講座を推薦する理由は以下の通りです。
1. 講師がテキストを加工する様子が一目でわかる
 松本先生の講座では講師がテキストのどこを解説しているのかが映像で映し出され、リアルタイムでわかるようになっています。
 通常の予備校の通信講座では通学講座の収録映像をそのまま映像教材(DVDなど)として配布していることが多く、ずっと黒板の映像が収録されているばかりで音声のみで聴講するのと変わらないと思うことがありました。
 しかしこの講座では視覚の情報も無駄にしないばかりか、講義の視聴2週目以降に気になってくる「今何ページ目の何行目をやっているか」といった講師による指摘も必要最小限です。
講師が見ているページを受講生が共有できないがゆえに生じる講義のテンポロスが少ないのは、耳で情報を入れたいことが多かった私にとって大きなメリットでした。

2. 学習方法のきめ細やかな指定
  いままで私が受講してきた予備校の他資格の講座では、復習用の教材は配布されるが復習するタイミングや解くべき問題は各受講生にゆだねているものが多かったように思います。自分自身で学習計画をうまくたてられるか否かがキーになっていて、その点独学生となんら変わりなかったという訳です。
  しかし、この講座は講義後に解くべき問題が指定されています。アウトプットの予定を立てる受講生の労力が軽減されている点が魅力の一つです。
  確かに松本先生の講座を含め最終的には自分の責任で学習環境を整えなければならないことはもちろんですが、講義後に解く膨大な量の過去問題の解く順序などの予定を管理する手間が省けるのは大きいです。テキストの参照ページも提供されるので、過去問題集に書き込めば二週目以降も復習が容易です。

3. シャドウイング音声の提供
 司法書士試験では申請書のひな型をある程度覚える必要があります。この講座では申請書の音声データが提供されます。音声データが入手できる講座はそう多くはありません。
 読むばかりでなく耳で覚えてしまいたい私にとって、大変助かった教材の一つです。
 また、テキストに記載された申請例も覚えるために必要最小限にまとめられ、余計な情報が入っていないのも「聞いて覚える」上で力になりました。


追っかけチャレンジコースで学び直して合格!

A・Nさん

平成30年度(2018年)司法書士試験 筆記試験合格者
  
本試験に向かうにあたって色々な道具を授けてもらいました。

 平成28年対策の追っかけチャレンジコースを受講しました。当時私は、3回受験するも択一基準点に遠く及ばないというありさまでした。この講座を受講した後は択一基準点を超えることができるようになり、今回なんとか筆記試験に合格することができました。
 私がこの講座を選んだ決め手はテキストです。試しにちょっとだけ・・という気持ちで松本先生のブログで公開されていた会社法・商業登記法のテキストを読み、目から鱗が落ちました。わかりやすい言葉で、本質的な記述がされていて「そこが知りたかった!このテキストならもう一度学び直せるかも」と思い受講を決めました。
 松本先生の講義は赤・青・緑・黒の4色のボールペンを駆使して進められます。先生が解説をしながら実際にテキストに書き込んでいくスタイルです。そして、同じ内容、似ているけど少し違う内容、正反対の内容といった記述が出てきた場合には、それぞれ記号を用いて該当するページ番号がどんどん書き加えられていきます。「あとは各自読んでおいてください」「ここは重要じゃないので飛ばします」などということは一度もなく、テキストの隅から隅まで解説と書き込みがされていきます。こうして講義の内容を吸収して厚みの増したテキストは、復習の際に本当に役立ちました。書き込みのおかげで、後日見返したときにも講義の内容を思い出すことができ、頭の中で講義をもう一度再生することができました。そして、「重過失って他でも見たけど、どこだったかな」とか「登記原因証明情報がいらないのはこれ以外に何だっけ」と思ったときも、該当ページが書いてあるため、すぐに確認ができるようになっていました。さらに、4色に色分けされたラインは、パッと見ただけで読みたい部分がわかるため、繰り返しテキストを読むのも苦ではなくなりました。私は受講後も今までこのテキストを使い続けています。
 テキスト以外にも、この講義では本試験に向かうにあたって色々な道具を授けてもらいました。松本先生はとにかく、受講生が本試験で1点でも多く取る方法を、ある意味でなりふり構わず提供してくれる先生だと思います。特にシャドウイングによる書式の記憶、思い出すための数々の語呂合わせ、本試験の推測採点基準は本試験に臨む武器になりました。今年の本試験の記述式では、前年までの傾向とは異なる出題がありましたが、推測採点基準を知っていたおかげで、省略できる記載は省略して時間を節約しつつ、絶対に間違ってはいけないところは特に慎重に、書式の基本形を思い出しながら、落ち着いて記載することができました。
 この基礎講座は、初学者の方はもちろん、学習経験者の方にとっても得るものの多い講座だと思います。いくつも体験講義が準備されていると思いますので、ぜひ四色のボールペンとともに、講義を体感していただければと思います。
 
本HPに掲載したお二方以外にも、平成30年度司法書士試験に合格をされた方複数名から、喜びのご報告をいただきました。
 
  
リアリスティック一発合格松本基礎講座
<追っかけチャレンジコース>
講座コード 通信部(DVD)
辰已価格 代理店価格
全科目一括 MP3プレーヤー付き 1833AR
\388,200
\368,790
MP3プレーヤーなし 1833BR
\383,700
\364,515
※上記価格は2018年11月10日(土)~同年12月20日(木)の期間限定価格ですのでご注意ください。
※割引制度等につきましてはこちらをご覧ください。
  

←パンフレットの
  資料請求はこちら


   
Copyright 2000-2004 TATSUMI Co.,Ltd. ALL Right Reserved.