HOME > 司法試験 > 刑事裁判手続完璧講座のご案内 
  

■公開:2018年08月03日
■更新:2018年10月08日

  
刑事裁判手続対策はこれでOK
 
通学部   通信部(DVD)

■辰已全本校ビデオブース

好評受付中
※辰已全本校…
  東京・横浜・大阪・京都・名古屋・福岡本校

 

受付次第随時発送
〜最終申込締切2019年4/19(金)

  通信部(WEBスクール)
 

配信中
〜最終申込締切2019年4/19(金)

  
■講師
  
 

元東京高検検事・元司法研修所教官・
弁護士

新庄 健二先生
 慶應義塾大学法学部卒。元検事(司法修習第36期)。元司法研修所検察教官・元司法試験考査委員。社会の耳目を集めたオウム事件をはじめ検察実務の最前線で活躍される一方、刑事実務教育にも携わり、実務と法曹教育の双方に通暁される。

     
■講座仕様
回数 全3回/9時間
講師

元東京高検検事・元司法研修所教官・弁護士
新庄 健二先生

教材

@司法研修所刑事裁判教官室編
『プロシーディングス刑事裁判』
(法曹会、2016)
定価本体1,574円(税別)

A司法研修所刑事裁判教官室編
『プラクティス刑事裁判』
(法曹会、2015)
定価本体2,500円(税別)

※各自ご準備下さい

   
 公判前整理手続等の刑事裁判手続は、予備試験法律実務基礎科目(刑事)の論文・口述の出題において、大きな比重を占めています。また、司法試験論文及び予備試験法律基本科目短答・論文の刑事訴訟法においても、前提として刑事手続の正確な知識・理解が求められています。
  そこで、本講座では、近時、司法研修所刑事裁判教官室が作成した教材である、『プロシーディングス刑事裁判』(法曹会、2016)(以下「プロシーディングス」)を主な教材とし、公判前整理手続等の重要部分においては、『プラクティス刑事裁判』(法曹会、2015)(以下「プラクティス」)を適宜参照する方法で講義します。
  講師は、元東京高検検事・元司法研修所教官・弁護士で、公判前整理手続・裁判員裁判の経験豊富な新庄健二先生です。ご期待下さい。
  
1 予備試験対策として
  論文式試験及び口述試験の法律実務基礎科目(刑事)の過去問に照らして、予備試験に合格のためには、刑事裁判手続を正確な知識・理解が必要です。また、本講座は、短答式試験及び論文式試験法律基本科目刑事訴訟法対策にも有益です。
  
2 司法試験論文式試験刑事系第2問(刑事訴訟法)対策として
  平成29年司法試験論文式試験刑事系第2問(刑事訴訟法)の採点実感においては、「実務教育との有機的連携の下、通常の捜査・公判の過程を俯瞰し、刑事手続の各局面において、各当事者がどのような活動を行い、それがどのように積み重なって手続が進んでいくのか、刑事手続上の基本原則や制度がその過程の中のどのような局面で働くのか等、刑事手続を動態として理解しておくことの重要性を強調しておきたい。」と記載されております。また、平成28年刑事系第2問設問4では、公判前整理手続の趣旨が問われており、本講座は、司法試験対策にも有用です。
  
3 司法修習の準備として
  現在の司法修習では、「プロシーディングス」と「プラクティス」の2つの教材が重視されているとのことです。このため本講座は、司法修習の準備としても最適です。

【参 考】

2017年5月2日の産経ニュースWEBでは、「刑事裁判教材を全面改訂『分かりやすさ』重視、裁判員裁判に対応 司法研修所、四半世紀ぶり」と題して、「プロシーディングス」と「プラクティス」について報道されております。
https://www.sankei.com/affairs/news/170502/afr1705020021-n1.html
  
■スケジュール
回数 担当講師
 辰已全本校ビデオブース
 (敬称略) 利用開始 利用終了
1 新庄健二 受付中 2019年
4/30(火)
2
3
※辰已全本校・・・東京・横浜・大阪・京都・名古屋・福岡本校
回数
担当講師
(敬称略)
 通信部 WEBスクール
 通信部 DVD
配信開始 配信終了 教材発送
開始
最終申込
締切
発送
開始
最終申込
締切
1 新庄健二 配信中 2019年
5/19(日)
随時発送 2019年
4/19(金)
随時発送 2019年
4/19(金)
2
3
  
■受講料(税込)
講座
コード
 
通学部
ビデオブース
通信部 DVD 通信部 WEB 通信部 WEB+DVD
辰已
価格
代理店
価格
辰已
価格
代理店
価格
辰已
価格
代理店
価格
辰已
価格
代理店
価格
18W77* \19,800 \18,810 \21,800 \20,710 \20,800 ※注1 \22,800 ※注1
 
■下記の受講形態の選択と注意事項を必読の上で、上記受講料表にあてはめ、お申込みください。
(1)受講形態を通学部の場合、受講会場(東京校・大阪校など)、通信部の場合、媒体(WEB・DVD・WEB+DVD)からお選びいただきます。
  下記の会場記号一覧表から受講する会場記号(アルファベット)を左記受講料表中の講座コードの「*」の部分にあてはめてください。
  例1)通学部東京校のLIVE又はビデオブースで受講の場合→「講座コード18●●●*」の「*にH」を当てはめ→「18●●●H」
  例2)通信部の媒体にDVDを選択した場合→「講座コード18●●●*」の「*にR」を当てはめ→「18●●●R」
  
〔会場記号一覧表〕
通学 東京本校はH 通学 横浜本校はY 通学 大阪本校はK 通学 京都本校はM
通学 名古屋本校はN 通学 福岡本校はF 通学 岡山校はL  
通信 DVDはR 通信 WEBはE 通信 WEB+DVDはW  

(2)注意事項
※注1 通信部WEB受講は、生協等の代理店でのお申込みはできません。辰已WEBスクール(辰已HP上)でお申込みいただくか、各本校窓口にお問い合わせください。
※注2 通信部の媒体は、DVDはDVD-R対応機種でのみご利用いただけます。 WEB視聴環境等ご自身のプレーヤーをご確認のうえお申し込みください。


   
Copyright 2000-2004 TATSUMI Co.,Ltd. ALL Right Reserved.