HOME > 司法試験 > 事例で改正民法講義のご案内
 

■公開:2019年06月20日
■更新:2020年04月27日

  
事例問題を重要度で格付け・メリハリのある改正学習
  
時間 民法 全21時間
講師 辰已専任講師・弁護士
宍戸 博幸先生
教材
@Newえんしゅう本3民法
  (民法改正対応改訂版)
  辰已法律研究所
※各自ご準備ください。
A法務省民事局『民法(債権関係)の改正に関する説明資料−主な改正事項−』
B講師オリジナルレジュメ
受講料(税込)

通信部 
WEB¥51,800/DVD¥54,200/WEB+DVD¥56,600

 
 ●通信部    
■WEBスクール
配信中
〜2020/12/31(木)終了


  ■DVD発送日

〜2020/3/31(日)申込締切
 
  
  辰已専任講師・弁護士
宍戸 博幸先生
早稲田大学法学部卒業・上智大学法科大学院既修者コース出身。受験生時代から判例百選を素材に一問一答ゼミなど工夫を凝らした判例学習を強く意識してきた。その経験を基にした判例学習講義やゼミで受講生から高い評価を博する。人に教えることが本当に好きで塾講師・家庭教師の経験豊富。勉強方法の的確なアドバイスで支持を広げている。
〜宍戸先生からのメッセージ〜
  120年ぶりに民法が大改正されました。改正点は多岐にわたりますが、司法試験・予備試験では他にも学習すべきことが山ほどありますから、改正民法にばかり時間を費やすことは得策ではありません。したがって、改正点のうちどこが受験対策上重要なのかを明確に認識し、メリハリをつけて学習することが合格のキーポイントになります。今回の改正により、すべての受験生は同じスタートラインに立ちます。ここでスタートダッシュを切ることが、合格への近道になります。
●講座概要
   
  
改正民法を、受験対策の観点から濃淡をつけて学習。
答案作成にすぐに使える、問題文&答案例を使った実践的講義
  民法改正に関する書籍や講義は巷にいくつもありますが、司法試験や予備試験の合格に直結するレベルのものはまだまだ少ないのが現状です。
  理由としては、まず試験対策の観点で改正法学習の濃淡がわかる教材が少ないということがあります。大学教授や実務家の基本書、参考書には、この種の情報は基本的に載っていません。
  次に、特に論文試験対策の面で、「テクニック」を伝える教材が少ないということが挙げられます。すなわち、あなたが民法改正についてきちんと理解をしていたとしても、その理解が答案の読み手に伝わらなければ意味がありません。書面審査においてあなたの実力が正当に評価されるためには、書くための「テクニック」が必要となります。
  そこで、本講義では、「具体的事案で、民法改正の知識をどのように使えばよいのか」という「テクニック」について、ケースメソッド方式で、問題文に重要度という「濃淡」を織り交ぜながら、具体的に説明していきます。
  
ケーススタディ教材として、定番書籍「えんしゅう本」を採用。
重要度に応じて★で論点格付け。メリハリのついた改正法学習が可能に。
  本講座の狙いは、誰もが目指せる「平均的な合格者の答案」を確実に書けるようになる。そのための方法論をシステム化しました。具体的には、問題文を読み、答案構成を行い、答案を書く、までの各段階で必要となる思考手順を全て具体的にルール化し、意識的にトレーニングします。
  本講座では、高順位合格に必要な高尚な方法論や解説は行いません。あえて「誰でも書き得る合格答案」にとって本当に必要なことだけに絞りルールを単純化し明確に意識して学ぶことで実行可能な方法論を確実にマスターしてもらいます。
  
法務省資料と+講師オリジナルレジュメで知識面をフォロー。
  本講義は、事例の検討を中心に進めますが、問題を理解するにあたって必要な知識については、適宜知識面のフォローを行っていきます。教材の@法務省民事局作成『民法(債権関係)の改正に関する説明資料−主な改正事項−』は、民法改正の重要ポイントについて、図表を織り交ぜながらわかりやすく説明した、試験対策の見地からも非常に有用な資料です。
  また、A宍戸講師オリジナルレジュメは、重要条文についての要件事実の確認、関連判例の掲載、一問一答式問題での知識チェックなどを主なコンテンツとした資料です。
  これらの資料をもとに、民法改正知識を使った答案の書き方を一気にマスターしてください。
  
 

   
Copyright 2000-2004 TATSUMI Co.,Ltd. ALL Right Reserved.