HOME > 司法試験 > 2020年合格目標 スタンダードシリーズ
 

■公開:2019年8月08日

■更新:2019年10月01日

最初の答練・最後の答練。
2019年秋、辰已のスタンダードシリーズ、
いよいよ開講します。
 
 
論文対策 ・スタンダード論文答練【第1クール】【第2クール】
・スタンダード論文答練【福田クラス】
・スタンダード論文答練【西口クラス】
短答対策

・スタンダード短答オープン【第1クール】【第2クール】


 
業界最大規模のスタ論は今年も進化を止めない
受験生が最も知りたい合格のReality を追求
  
開講日 東京本校 2019.9/29(日)開講
 回数 第1クール全6回
第2クール全9回+選択科目2回
 科目 公法系・民事系・刑事系・選択科目(全8科目)
 添削 あり
 解説

辰已専任講師・弁護士(※選択科目を除く)

 講座内容 論文式試験の答案練習会。最新の法改正や出題傾向などに完全対応。問題品質の高さと本試験での的中実績などで、定評がある。
受講料(税込)

第1クール+第2クール一括(選択科目付・解説講義付)

通学部 ¥244,600
通信部 WEB¥264,700/DVD¥275,500/WEB+DVD¥286,100

通学部欠席
WEBフォロー

受講者特典マイページにて講義動画WEB配信
※詳細は講座初回にご案内いたします。

本当に力がつく、伸びる、答案練習会を目指して
合格に必要な答案力は、単に答案を書くだけでは伸びません。だから、辰已のスタ論は、答案を書く機会を提供するだけでなく、スタ論に参加した皆様に「合格に必要な実戦的なノウハウ」を毎回必ず持って帰っていただきます。
●辰已の答練・模試は毎年必ず的中

今年の本試験会場でも休憩時間には「あれ辰已で出たやつ」が最も聞こえた声です。

●演習問数は業界最大・全て新作
 

辰已のスタ論を第1 クールから全国模試まで受ければ、必須科目は本試験6年分、選択科目は本試験3年分の演習量となります。

●後悔しないクオリティを保証

  採点不能の出題ミスがあったり、信用できない解説書・答案例では、おカネと時間の無駄です。合格者絶賛の品質・信頼度を誇る辰已で来年一発合格を果たしてください。
●詳細な論文採点基準表
  どうしてその点数なのか、どこを直せば何点アップするのか、ブラックボックスの採点基準表では答案練習になりません。先輩に各校の「採点基準表の真剣さ」を聞いてみてください。
 

 
悩める受験生の救世主!福田俊彦先生が
あなたをスタ論に乗せて来年の合格まで導きます。
  
開講日 東京本校 2019.10/9(水)開講
 講師
辰已専任講師・弁護士
福田 俊彦先生
東京大学法学部卒。慶應義塾大学法科大学院(既修コース)修了。第3回新司法試験に受験1回で上位合格。旧司法試験の多くの失敗を踏まえ、司法試験に「すべらない」方法論を確立。「幅広い知識・深い理解」と「論文の方法論」の双方を兼ね備えた実力派講師。司法試験に合格するためには、「何をどのように書くか」を考えるのが大切というのが信条。ベストセラー「絶対にすべらない答案の書き方」シリーズで受験生の支持を受け、辰已が誇る人気の講師に。
 回数 第1クール全7回
第2クール全10回
インプット強化講義全6回
 講義時間数 第1クール全27時間
第2クール全39時間
インプット強化講義全24時間
 講座内容 本体講義…司法試験型オリジナル問題を使った答練(添削あり)と講義
インプット強化講義…『Law Practice』シリーズ(商事法務)の民法(※改正法対応)・商法を使用した答案の書き方講義。
受講料(税込)

第1クール+第2クール+直前フォロー答練 強化クラス一括(選択科目付)

通学部 ¥476,200
通信部 WEB¥513,700/DVD¥535,900/WEB+DVD¥558,300

通学部欠席
WEBフォロー

受講者特典マイページにて講義動画WEB配信
※詳細は講座初回にご案内いたします。

福田先生がスタ論を一貫サポート 
中級者が10 月からのスタ論で無理なく効果的な演習を行うために
 準備不足の現役生の方も、立て直しがままならない修了生の方も、翌年の司法試験に合格するためには、10 月からスタ論で答案を書き始めることが必須です。なぜなら、答練で書かないと、書くために必要なインプットやアウトプットの工夫に意識が向かず、学習があさっての方向にズレていく可能性が高いからです。十分に書けるようになるまで答練の受講を遅らせるという方法は、司法試験に合格するためには絶対にやってはならない誤った学習方法です。
               ↓しかし、
  「基本的な知識」も「答案の書き方」も確立することができていない方が、答練で「時間を計って答案を書く練習」だけを闇雲に繰り返しても、実力は身につきません。短答に不安を感じる方や基本論点の論じ方に不安を抱えている方が、答練を文字通り答案練習の場として実力を高めていくためには、学習上の工夫が必要です。
               ↓そこで、
  スタ論福田クラスでは、福田先生が「基本的な知識」と「答案の書き方」を賢明かつ懸命にサポートします。これまでのロースクールでの授業と異なり、司法試験で合格答案を書くために絞り込んだ、独学では得難い答案ノウハウなどに集中した特訓を受講してもらうことで、初めて答案を書く方であっても、本試験仕様のスタ論を安心して受けられ、実力を高めていただけるようサポートします。
 

 
答案の書き方はもちろん、民 法改正も、過去問も、趣旨規範本も全部やります。
  
開講日 大阪本校 2019.10/13(日)開講
 講師
辰已専任講師・弁護士
西口 竜司先生
新司法試験世代のまさに第1期生として後進の受験指導に情熱を注ぐ。自身が実際に試験問題を解き、時間内でどこまでできるかを把握した上での抽象性を排除した具体的な指摘や指導が好評。受験生の読みそうな基本書・判例集は全て読む。その努力が受講者の圧倒的高評価を集める講義に活かされている。自身の受験時代を踏まえた温かい励ましのメッセージと「一緒に頑張ろう」という姿勢も、受験生の胸に熱く届く。毎年多数のゼミ生・受講生を法曹界へ送り出し、関西で随一の合格実績を誇る司法試験指導の第一人者。
 回数 全40回・110.5時間(※)
(※)除く演習時間
 講義時間数 ●第1クール【24回】
  改正民法Care5回・15時間
  西口メソッド2回・6時間
  過去問Care7回・21時間
  西口解説6回・20時間
  年末模試4日間・9時間
●第2クール【16回】
  趣旨規範総まくり
  7回・9.5時間
  西口解説9回・30時間
受講料
(税込)

第1クール+第2クール一括(選択科目付)

通学部 ¥460,600
通信部 WEB¥484,000/DVD¥515,900/WEB+DVD¥536,700

合格率52.7%を誇る特別クラス。
改正民法対応も安心です。
本講座はスタンダード論文答練を軸に,答案の書き方を徹底的に指導。例年高い合格率を誇る講座です。今年は改正民法も同時にフォロー。あなたの不安を全て解消します。

 2019.10.12~12.21 
第1クール
ー改正民法も過去問もケア。年末模試付。
  西口クラスは、いきなり答練に入るのではなく、まずは、皆さんが不安な改正民法を講師書き下ろしの論証集で一緒に学習。次に、数多くの受験生を合格者へ進化させた西口メソッドを大公開。短答・論文それぞれ合格への近道を提示。最後に過去問を使って科目特性に応じた合格答案の書き方を学びます。
  万全の準備をした後は、受験界で最も有名な答練「スタンダード論文答練」を素材に、答案の書き方を学びます。皆さんが書いたばかりの答案を西口講師が添削する毎年好評の講義スタイルは今年も健在です。
  最後は年末にチャレンジ模試で本試験を疑似体験。自分の今の力を年内に知ることで年明けの学習効果を飛躍的に伸ばします。

 2020.01.04~03.07 
第2クール
ー答練開講前に趣旨規範本で総復習。
  スタ論開講前に趣旨規範ハンドブックを使って、各科目の重要ポイントを一気に総復習します。記憶の喚起と答練開講前に知識の棚卸をしましょう。
  第2クールは第1クールで学んだことを実践し、Try&Errorを繰り返し、自身の書き方を固めていきます。答案の書き方講義では、直近過去問の出題趣旨・採点実感・答案例を使って、点のつく書き方をもう一度体にしみこませ、合格答案を書く反射神経を養います。

 
  
「私たちはスタ論西口クラスを推薦します!」
→合格者の声はこちらをご覧ください。←

 
開講日 東京本校 2019.10/19(土)開講
 回数 第1クール全6回
第2クール全6回
 科目 憲法・民法・刑法
 採点 あり
 解説

辰已専任講師・弁護士(※解説付コースの場合)

 講座内容 本試験と同レベルの短答式答案練習会。短答で足をすくわれないようにしたい人、短答を得点源としたい人、短答を通して総合力をつけたい人向け。
受講料(税込)

第1クール+第2クール一括(解説講義あり)

通学部 ¥88,600
通信部 WEB¥99,900/DVD¥106,300/WEB+DVD¥109,500

通学部欠席
WEBフォロー

受講者特典マイページにて講義動画WEB配信
※詳細は講座初回にご案内いたします。

●短答を土台として論文で飛躍
近年の論文試験ではいわば「書く短答」ともいえる出題が見られます。そして、相対評価の論文で差がつくのは、「短答知識で書ける設問」です。これまで辰已が行った合格者ヒアリングでも、論文高得点者は短答対策を重視していました。
●同じ知識量でも、演習量の違いが得点力の差を生む

短答対策で演習を怠ると得点力は伸びません。短答高得点者は、知識だけで問題を解いているのではなく、きちんと考えて解いているのです。そのため、知らない問題でも「おそらくこれは×だ」という判断ができ、しかも正答する頻度が高いのです。演習もしっかり行い、応用的思考力も鍛えましょう。

  
 

 
Copyright 2000-2004 TATSUMI Co.,Ltd. ALL Right Reserved.