HOME > 予備試験 > 2018予備試験 スタンダードシリーズのご案内
   

■公開:2018年01月24日

2018予備試験完全勝利へ!

短答・論文で圧倒する!

  

 基本書や予備校本、判例を「読んで理解できる」ことと「答案に書くことができる」ことには大きな違いがあります。

 予備試験は科目数も多く、必要な知識量は多いです。

 しかし、過去問を分析すれば、短答、論文でアウトプットが求められる部分は限られます。

まずは、答練でアウトプットが求められる部分を知り、復習を通じてアウトプットに必要な知識を補っていくのがもっとも効率的な学習です。

    

■予備試験スタンダード講座体系図
→予備試験スタンダード論文答練の詳細はこちら
→予備試験スタンダード短答オープンの詳細はこちら
   
論文合格はインプット量ではなく、
アウトプット力で決まる!
第2クールは本試験と同じ法系別で出題!
  
■第2クール・2月スタート(第1回基準)
 ●通学部    ●通信部
■東京本校

2/6(火)
■横浜本校

1/22(月)

■大阪本校

2/6(火)

■京都本校

2/13(火)

■名古屋本校

1/28(日)
■福岡本校

1/23(火)

■WEBスクール

配信中
■DVD

2/14(水)発送

※第2クール・1月スタート好評受付中!

回数 第2クール 全20回/全44問
科目 憲法/行政法/民法/商法/民訴/刑法/刑訴/民事実務基礎/刑事実務基礎/一般教養科目

教材

①問題     ②解説
③答案シート ④参考答案集
※答練には、試験用六法、又は、判例付 きではない六法を各自ご持参ください
WEB 「受講者特典マイページ」のご登録が必要です。
① WEB による答案提出
  (通学部&通信部)
②優秀答案のホームページ掲載
  (通学部&通信部)
③総合成績表
  (通学部&通信部)
添削 あり
講師 辰已講師陣
 どれだけ知識を詰めても、どれほど難解な理論を理解できても、どんなに口頭で上手く説明できても、試験時間に答案に書けなければ全く評価されません。
  答案を書く力を伸ばすには、演習に優る対策は有りません。昨年の受講生の圧倒的多数派が週2回フルを選択しました。
  年明けからの辰已の予備スタ論第2クールから始めて、ライバルとの差を一気に開きましょう。期末試験で忙しい大学生向けに2月スタートもご用意。期末試験後から集中して答練を受講できます。
  
平成29年予備試験最終合格者
東京大学法学部4年在学中合格
H・Kさん

 本番と同じ時間で、同程度のレベルの問題を解くことで、予備試験の試験形式に慣れることができます。辰巳のスタ論は出来の良い問題が多く、本番を見据えた問題演習ができました。また、読み違えなどのミスを答練でしておくことによって、再発防止の対策をすることができますし、最悪アクシデントが起こった時のシミュレーションをすることができます。この経験は本番でとても活きました。
 
 
   
在学中合格を阻む最大の関門は短答!
予備試験合格の鍵は短答演習にあり!
 
■第2クール・2月スタート(第1回基準)
 ●通学部(第2クール)    ●通信部(第2クール)
■ビデオブース(第1回基準)

2/11(日)~3/14(水)
※2月スタートは通学部もWEBで解答。(通学部の方については、問題等の資料は辰已各本校での受け取りになります。)

※第2クール・1月スタート好評受付中!

■WEBスクール

配信中
■DVD(第1回基準)

2/12(月)発送

回数 第2クール 全10回
科目 憲法/行政法/民法/商法/民訴/刑法/刑訴/一般教養
解説 あり
講師 辰已専任講師

教材

①問題
②解説書(問・解表裏一体26穴式)
採点 あり
WEB 「受講者特典マイページ」のご登録が必要です。
①通学部も解説講義WEB 受講可能
② WEB による答案提出
  (通学部&通信部)
③総合成績表のホームページ掲載
  (通学部&通信部)
成績表 ①個人成績表
②総合成績表(得点分布表・肢別正答率表)
通信部
答案締切
発送日の10日後(辰已必着)
詳しくは初回発送にてご案内します。
 学部在学中の合格を阻む最大の関門は短答です。2017年の学部在学生の短答合格率は18.4%と、全体の短答合格率である21.4%を下回ります。予備試験の短答式試験は法律科目だけでも7科目あり、しかも範囲が広いため、全て暗記するのは至難の業です。そこで、本試験仕様の短答演習を通じて誤答問題の復習をする、すなわち試験に出るところなのに穴が開いているところを発見し知識を詰めていくのが効率的です。演習こそが予備試験合格の鍵なのです。
  
短答だけの対策ではもったいない!
短答はもちろん、その先の論文を見据えた解説で、短答の実力もUP!論文の実力も同時にUP!

  
平成28年予備試験合格者
京都大学法科大学院 既修者コース2年在学中予備合格
Y.Wさん

 辰已の短答過去問は、解答部分の重要なところが太字になっており、判例の文言もそのままひいてあるため、その後の各種試験においても、インプットのいい勉強になりました。また、予備スタ短については、過去問のレベルを大きく離れることなく、いかにも問われそうなところをうまくついていたので、これも何周もしました。解説部分にたまについている要点のまとめや、短答プロパーの知識を表にしたものはとても有用であり、口述試験まで用いました。
 
 
Copyright 2000-2004 TATSUMI Co.,Ltd. ALL Right Reserved.0613