HOME > 予備試験 > 2018口述対策 辰已・口述模試のご案内

 

■公開:2018年10月08日
■更新:2018年10月17日

 
予備試験の口述対策は辰已の口述模試で!
東京では元司法試験委員、元司法研修所教官による口述模試が受験できます。
 受験無料
  ※ただし、模試運営費¥3,000(税込・解答例作成費・成績処理費含む)を頂戴します。

 辰已の口述模試は、旧司法試験時代から毎年実施している伝統の模擬試験です。
 この辰已口述模試が2011年より予備試験口述対策としてリニューアルしました。2018年度も東京では講師として元司法試験委員、元司法研修所教官の他、口述指導経験の豊かな一流講師陣を迎え、本番さながらの緊張感溢れる模試を実施いたします。

 口述必勝を期すなら、是非とも当模試に御参加ください。
  

 受付開始:10/11(木)論文合格発表時より
 
辰已の口述模試をWEBスクールで体験!
本番さながらの臨場感。口述試験のリアルを知る。
WEBスクール版・辰已口述模試では、H30予備論文合格者2名が受験した模様を実況中継形式で視聴することができます。
試験官の反応、受験生の陥りがちなミスなど、予備試験口述試験の全体像を自宅にいながら体感できます。
本商品はWEBスクールのみでの提供となります。VB・DVDの販売はございませんのでご了承ください。
ネット決済なら、購入後すぐに受講開始できます。
受講料 ¥3,000(税込み)
  
 ●コンセプト
  
①辰已独自のシステムによる一流講師陣のマンツーマン指導。 
②法律実務基礎科目(民事・刑事)を半日で消化するコンパクトシステム。
  
元試験委員、
元司法研修所教官による
本試験さながらの臨場感
辰已の口述模試は元司法試験委員、元司法研修所教官を含む一流講師(弁護士)が担当します。出題内容も雰囲気も本試験さながらの体験ができます。
定員制 計216名!  

(東京+大阪+京都+名古屋)
辰已の口述模試は、定員制によるきめ細かな実戦指導を特色とします。定員を128名(東京会場)と40名(大阪会場)40名(京都会場)8名(名古屋会場)に設定しました。受験生の中での自分の位置づけがわかります。
解答例・参考成績表を
配付

  
本番に向けて最大の指針を得る!
各科目最高の講師陣があなたの口頭試問の結果を客観的に評価、本番への的確なアドバイスを提供します。さらに本模試では、注意すべきポイントのすべてにつき5段階評価がされ、試験終了後の講評のみならずその成績表を後日郵送します。現在の弱点を確認して下さい。また、当日出題する問題の解答例も全員に配付します。模試の後の復習にお役立てください。
二人一組制で効果倍増
  
他の受験生を観察できる
辰已独自の形式

このシステムは、限られた時間で最大の効果をあげるために、旧司法試験実施時に辰已が独自に開発したシステムです。1回の受験で、2倍の学習効果が得られ、多くの合格者がそのシステムを絶賛しています。
   
 ●担当講師(弁護士)
  
■東京 刑事実務基礎担当
元東京高検検事・元司法研修所教官
弁護士
 新庄 健二先生

[PROFILE]
慶應義塾大学法学部卒。元検事( 司法修習第36 期)。元司法研修所検察教官・元司法試験考査委員。社会の耳目を集めたオウム事件をはじめ検察 実務の最前線で活躍される一方、刑事実務教育にも携わり、実務と法曹教育の双方に通暁される。

ほか、実務家一流講師陣が担当します。
※東京会場では刑事実務基礎で元司法研修所教官による指導が受けられます。
  ただし、全日程で元司法研修所教官による指導が受けられるとは限らないことを予めご了承下さい。
  
 ●指導日程・会場
  

【午前の部】9時00分~13時00分頃 or
【午後の部】13時30分~17時30頃

※ご予約時に希望日と午前又は午後いずれかをご指定ください。
定員128名(予定)
会場の地図はこちら

10時00分~or13時00分頃~or15時00分頃~or
17時00分頃~or19時00分頃~ 

※ご予約時に、上記の希望時間帯のいずれかをご指定ください。
定員40名(予定)
会場の地図はこちら

10時00分~or13時00分頃~or15時00分頃~or
17時00分頃~or19時00分頃~  

※ご予約時に、上記の希望時間帯のいずれかをご指定ください。
定員40名(予定)
会場の地図はこちら

15時00分頃~or17時00分頃~ 
※ご予約時に、上記の希望時間帯のいずれかをご指定ください。

定員8(予定)

会場の地図はこちら
辰已口述模試無料受講条件として、本年の予備試験合格体験記及び口述再現のご提供をお願いします(詳細は参加者に個別にご連絡します)
  

予備試験最後の関門に
万全の準備で臨むなら辰已

 
第7回予備試験最終合格者も絶賛。
「口述対策は、まず辰已の模試を受けろ、これに尽きる」
 
私は辰已が開催する予備試験口述模試を受講しました。辰已の模試は口述試験の試験官経験者が担当していることから実際の試験に近い雰囲気を体験する貴重な機会です。また、試験官の方に質問をする機会が設けられており、親切なアドバイスをいただくことができ、未知の試験に臨むにあたり大きな安心材料ともなりました。(中央大学法学部4年在学中合格)
【2017年予備試験合格体験記より抜粋】
 

口述対策で一番大切なのは、模擬口述をこなすことです。普段は紙に書く知識を口で瞬時に表現しなければいけない環境に慣れることが一番大切です。口述は論文に合格した人が受けるので、知識面というより、雰囲気に慣れることが大切です。特に法的知識が豊富で、準備をしっかりとした主査との練習が必要だと感じました。友達との練習だと、ぴたっと正解をいうとスムーズに進むのですが、微妙な返事をしたときにそれが正しいのか間違えているのか、グダグダになってしまう危険があるからです。そのようなことから、口述模試を受けることをお勧めします。とくに辰已の口述模試は、ペアの相手の口述も見られるため、口述受験者のレベルを客観的に体験することができます。実際に受けてみて、とても優秀な人とペアになってしまったため、勉強になったとともにとても焦って残り期間必死に勉強しました。(東京大学法学部4年在学中合格)
【2017年予備試験合格体験記より抜粋】
 

口述試験には独特の作法のようなものが存在するので、口述模試を受講し、本番の練習をしておくことを強く推奨します。辰已の口述模試は、元司法研修所教官が主査役となり、本番さながらの緊張感の下で、実践的な受け答えの訓練をすることができるので、直前に受講しておいて大正解でした。また、辰已の口述模試は、二人一組制で、パートナーの受け答えを見ることができるという特色があり、他の受験生のレベルを知るという意味でも大変有意義なものだったと考えます。(東京大学法学部4年在学中合格)
【2017年予備試験合格体験記より抜粋】
 
口述では辰已の模試をかなり早い段階で受けました。論文の発表があってから2日後ぐらいには受けに行ったため、全く対策はしていない状態でした。逆にそのような状態で受けて成功したと今は思っています。頭が真っ白になってしまってなにも考えられなくなってしまった際にどのように対処するのか、どのように誘導をもらうようにするのかということを学べたと思います。また辰已の講師から、終わった後に個別的に今回の模試でどうだったかを細かく教えてくださり、今後の勉強の方針を立てることが容易にできました。さらに、辰已は他の塾の模試とは違って二人一組でやるようになっています。そのため、客観的に自分が口述を受けている際にはこのような感じになっているのかと確認することができました。また、問題も実践的であって復習がしやすく直前期のチェックとしても使ったりしました。(中央大学法学部4年在学中合格)
【2017年予備試験合格体験記より抜粋】
  

予備の後の司法試験で
最高のフォローを望むなら辰已

辰已口述模試参加特典
・業界最大、随一のボリューム!
  辰已司法試験講座優待受講※
 ※詳細は口述模試会場にてご案内致します。
・辰已の全国模試圧倒的!答練の回数も多い!
・辰已・司法試験出陣式にご招待。
  
■2018年口述試験対策講座のご案内
 
 ●【口述攻略】ガイドブック2018
  
 ●要件事実論完璧講座・刑事裁判手続完璧講座
  
 ●口述試験ガイダンス60分【Web無料】

 

Copyright 2000-2004 TATSUMI Co.,Ltd. ALL Right Reserved.0613