HOME > 予備試験>予備試験・司法試験・法科大学院受験対策
原孝至・基礎講座 2019年秋生のご案内
 

■公開:2019年07月16日


・原孝至先生プロフィール ・学習サポートシステム
・カリキュラム&講座体系 ・受講料サポート
・予備試験対策パック(スキーム) ・スケジュール・学習モデル
・Webスクールのご案内 ・単科・コース受講料

↑講義で実際に使用された基本講義レジュメとスタンダードテキスト(一部抜粋)をご覧いただけます
・早割のご案内(8/31まで)

 
↑無料ガイダンス・公開講義のご案内
 
↑原孝至先生のメソッドを動画で見られる特設ページです。過去のガイダンスを無料で視聴できます。

■本体講義 秋生開講日
 
■東京本校LIVE
(基本事例回 刑法スタート)
 

8/17(土)
■東京本校ビデオブース

8/20(火)~
※法律学習導入講義および憲法・民法はビデオブースまたはWEB(受講者特典マイページ)にてご受講ください。

9/2(月)発送
2020.4/30(木)最終申込締切

8/22(木)配信開始日
8/13(火)
教材発送

2020.4/30(木)最終申込締切

   
   
↑今なら早割(~8/31まで)↑


辰已専任講師・弁護士
原 孝至先生

 
  早稲田大学法学部卒・早稲田大学法科大学院修了。第4回新司法試験合格者。司法試験合格直後から辰已法律研究所の教壇に立つ。 2012年6月~12月開講の辰已法律研究所基幹講座「短答OVER280インプット講座(現在の短答完璧講座)」では,平成20年短答本試験298点(得点率85.1%)の経験を生かし,短時間で成果に直結する実践的な講義を展開し,受講生から圧倒的な支持を集めた。競争が激しい大学受験予備校界で,若くしてオリジナル単科講座を有するに至った等講師としての実力は折り紙つき。
 現在,弁護士として,不動産関係・交通事故・離婚・相続・中小企業法務・労務・破産・行政関係・刑事と広く様々な分野で「身近な法律家」として精力的に活動しつつ,辰已法律研究所の新司法試験・予備試験対策講座でも熱弁を振るい,受験生の支持を急速に広げている
 
原孝至twitterはこちら
  https://twitter.com/TakashiHara1
   つぶやきの内容は、講師・弁護士をされている先生の日常の出来事から法律学習についてアドバイス、司法試験・予備試験・法科大学院に関する話題まで様々。気軽にフォローしてみてください!

 
  

全103回・全309時間で全科目の基礎を確立する
コンパクトな講座設計・民法改正にも対応

  
 
  Point  法学の知識は膨大です。すべてを学習し、記憶していくのはまったく現実的ではありません。そもそも、司法試験に合格するために、すべての範囲を学習する必要はありません。司法試験 原孝至・基礎講座は、初学者が吸収できる量を意識し、本当に合格に必要なものに範囲を絞り込んだ、むだのないコンパクトな講座設計になっています。もちろん解説は丁寧に、初学者の方でも理解できるよう平易な表現を用いて行います。  
 
  Point  司法試験 原孝至・基礎講座は、すべて最新の法改正に対応しています。120年ぶりの大改正があった民法についても講義、スタンダードテキストなど、もちろん改正後の民法に完全対応しています。改正法で出題される2020年試験も安心です。
 
  Point  司法律科目は大きく分けると、公法系科目(憲法・行政法)、民事系科目(民法・商法・民事訴訟法)、刑事系科目(刑法・刑事訴訟法)、および法律実務基礎科目(民事実務基礎・刑事実務基礎)に分けられます。まず、公法系科目ですが、憲法は国の最高法規であることから公法系のはじめに学習する必要があります(「司法試験原孝至・基礎講座」は憲法スタート)。行政法は、憲法価値を踏まえて学習する必要があり、また、中でも行政救済法は民事訴訟法と密接に関わるため、憲法と民事訴訟法の学習を終えてから学習するのが望ましいです。次に、民事系科目ですが、民法が私法の一般法とされていることから、まずは民法を学習する必要があります。それから、民法の知識をもとにして、民法の特別法である商法と、私法上の紛争を解決する民事訴訟法を学習するというのが適切な順番です。
  LIVE クラスがすでに終了している科目は、どこからでも受講することが可能ですが、学習効率を考えると、LIVEクラスの進行を参考に受講していただくのがおすすめです。
     
 講義の流れ
  
  1. 基本事例問題の検討
  OUTPUTから始まるINPUTの根幹となるのが、基本事例問題です。合格の基礎力を身につけるために、あえてゴールである試験問題を最初に見てもらいます。
  自分の頭で考えながら知識をINPUTできる画期的な基礎講座です。
  2. 問題を解く上で必要となる知識を習得
  なぜその知識が必要となるのか、その知識をどのように使えば問題が解けるのか。はじめて法律を学ぶ方でも理解出来るように基本的な用語・概念から説明します。
  3. 穴埋め式答案例でより具体的な「知識の使い方」を習得
  答案作成時の思考の流れに沿った穴埋め式の答案例を使い、おさえるべき知識・論述の流れを確認します。試験で求められる形で知識を定着させます。
  4. 問題演習に挑戦(実務基礎科目を除く各科目最終回)
  実際に論文式・短答式の問題演習を行います。演習後の講義は原講師が合格者の思考を解説しながら補充すべき知識を講義。合格者が書いた答案から、答案作成技術を学びましょう。
希望する学習期間・進路に合わせて選べる3つの講座パックを設定いたしました。ご自身のご希望にあったスキームをお選びください。
  
 短期間に全精力をかけられるモチベーションの高い方のための特別コースです。実戦的な知識の蓄積と全範囲学習の反復をたくみに織り込んだカリキュラムで、あなたを法律知識ゼロから翌年予備試験合格まで導きます。
  基礎をやり直したい入門講座修了生の方にもおすすめのコースです。
  
 
 
 
予備試験専願ハイスピードスキーム
①司法試験 原孝至・基礎講座
②2020年対策予備試験スタンダード論文答練2C
③2020年対策予備試験スタンダード短答オープン2C
④2020年対策予備試験総合短答模試(総択)


 全4講座合計価格¥596,300 のところ¥506,900(通学部・税込)


 無理のない学習スケジュールで、段階的に、着実に実力をつけ、予備試験合格を目指します。
 
 
 
予備試験専願スキーム
①司法試験 原孝至・基礎講座
②2020年対策予備試験スタンダード短答オープン2C
③2021年対策予備試験スタンダード論文答練夏期
  2021年対策予備試験スタンダード論文答練1C
  2021年対策予備試験スタンダード論文答練2C
④2021年対策予備試験スタンダード短答オープン1C
  2021年対策予備試験スタンダード短答オープン2C
⑤2021年対策予備試験総合短答模試(総択)

全5講座合計価格¥888,700 のところ¥755,400(通学部・税込)

無理のない学習スケジュールで、段階的に、着実に実力をつけ、予備試験合格を目指します。
  司法試験合格率上位LSの法学既修者コースへの進学も視野に入れているという方におすすめのコースです。
 
  
 
予備試験上位LS併願スキーム
①司法試験 原孝至・基礎講座
②2020年対策予備試験スタンダード短答オープン2C
③2021年対策予備試験スタンダード論文答練夏期
  2021年対策予備試験スタンダード論文答練1C
  2021年対策予備試験スタンダード論文答練2C
④2021年対策予備試験スタンダード短答オープン1C
  2021年対策予備試験スタンダード短答オープン2C
⑤2021年対策予備試験総合短答模試(総択)
⑥2021年対策法律科目全国模試

 全6講座合計価格¥910,400 のところ¥773,800(通学部・税込)
 

 
 
Copyright 2000-2004 TATSUMI Co.,Ltd. ALL Right Reserved.