HOME > 予備試験 > 2019口述対策 辰已・口述模試のご案内

 

■公開:2019年10月10日
 

※ご注意ください

東京会場は台風19号の影響を考慮し、当初予定の日程・時間を変更いたしました。何卒ご了承ください。日程は下記をご確認ください。

 
予備試験の口述対策は辰已の口述模試で!
東京では元司法試験委員、元司法研修所教官による口述模試が受験できます。

 受講料 ¥9,000(税込)

 ※受講料は口述模試の受験当日に会場までお持ちください。

 辰已の口述模試は、旧司法試験時代から毎年実施している伝統の模擬試験です。
 この辰已口述模試が2011年より予備試験口述対策としてリニューアルしました。2019年度も東京では講師として元司法試験委員、元司法研修所教官の他、口述指導経験の豊かな一流講師陣を迎え、本番さながらの緊張感溢れる模試を実施いたします。

 口述必勝を期すなら、是非とも当模試に御参加ください。
  

 受付開始:10/10(木)論文合格発表時より
 
  
 ●コンセプト
  
①辰已独自のシステムによる一流講師陣のマンツーマン指導。 
②法律実務基礎科目(民事・刑事)を半日で消化するコンパクトシステム。
  
元試験委員、
元司法研修所教官による
本試験さながらの臨場感
辰已の口述模試は元司法試験委員、元司法研修所教官を含む一流講師(弁護士)が担当します。出題内容も雰囲気も本試験さながらの体験ができます。
定員制 計148名!  

(東京会場+関西会場)
辰已の口述模試は、定員制によるきめ細かな実戦指導を特色とします。定員を128名(東京会場)と20名(関西会場)に設定しました。受験生の中での自分の位置づけがわかります。
解答例・参考成績表を
配付

  
本番に向けて最大の指針を得る!
各科目最高の講師陣があなたの口頭試問の結果を客観的に評価、本番への的確なアドバイスを提供します。さらに本模試では、注意すべきポイントのすべてにつき5段階評価がされ、試験終了後の講評のみならずその成績表を後日郵送します。現在の弱点を確認して下さい。また、当日出題する問題の解答例も全員に配付します。模試の後の復習にお役立てください。
二人一組制で効果倍増
  
他の受験生を観察できる
辰已独自の形式

このシステムは、限られた時間で最大の効果をあげるために、旧司法試験実施時に辰已が独自に開発したシステムです。1回の受験で、2倍の学習効果が得られ、多くの合格者がそのシステムを絶賛しています。
   
 ●担当講師(弁護士)
  
■東京 刑事実務基礎担当
元東京高検検事・元司法研修所教官
弁護士
 新庄 健二先生

[PROFILE]
慶應義塾大学法学部卒。元検事( 司法修習第36 期)。元司法研修所検察教官・元司法試験考査委員。社会の耳目を集めたオウム事件をはじめ検察 実務の最前線で活躍される一方、刑事実務教育にも携わり、実務と法曹教育の双方に通暁される。

ほか、実務家一流講師陣が担当します。
※東京会場では刑事実務基礎で元司法研修所教官による指導が受けられます。
  ただし、全日程で元司法研修所教官による指導が受けられるとは限らないことを予めご了承下さい。
  
 ●指導日程・会場
  

東京会場(東京本校アネックス校舎)

※東京会場は台風19号の影響を考慮し、当初予定の日程・時間を変更いたしました。何卒ご了承ください。

10/13(日)
11時30分~15時30分頃 or
16時00分~20時00頃

※ご予約時に希望日と時間をご指定ください。

10/14(月・祝) 10/19(土) 10/20(日)
【午前の部】9時00分~13時00分頃 or
【午後の部】13時30分~17時30頃

※ご予約時に希望日と午前の部または午後の部をご指定ください。

定員128名(予定)
会場の地図はこちら

関西会場(京都経済センター4F会議室4-G)

 

10/19(土) 
1枠 10時00分~11時30分

2枠 12時30分~14時00分

3枠 14時30分~16時00分

4枠 16時30分~18時00分

5枠 18時30分~20時00分
※ご予約時に、上記の希望時間帯のいずれかをご指定ください。

定員20名(予定)
会場の地図はこちら
  

予備試験最後の関門に
万全の準備で臨むなら辰已

 
第8回予備試験最終合格者も絶賛。
「口述対策は、まず辰已の模試を受けろ、これに尽きる」
 

10月に論文式試験の合格発表を見て合格したとわかったとき、まず考えたのが「辰已の口述模試を受けよう」ということでした。なぜなら、辰已の口述模試は元試験委員の新庄先生も試験官を務められていると聞いていたからです。新庄先生の模試は正直に言って怖かったですが、模試でそのような経験ができたからこそ本番で緊張することなく落ち着いて主査とコミュニケーションをとることができたと思っています。また、「合格率 95パーセントだしどうせ受かるだろう」という甘い気持ちが消え、危機感を持って最後の 1週間勉強に集中できました。そのよう な意味で、辰已の口述模試は本当に受けて良かったと思っています。(東京大学法学部4年在学中合格)
【2018年予備試験合格体験記より抜粋】

 

口述は、論文の発表から3日後に、辰已の口述模試を受けました。論文の受験から、勉強をサボっていた私としては、リハビリを兼ねて口述がどんなもんか体験しよう!と軽い気持ちで、臨みました。とはいえ、何も答えられないのはさすがにまずいと思い、民事の請求の趣旨、訴訟物、請求原因事実だけを詰め込んで臨みました。その結果、民事はサボっていた割に評価が良かったです。一方刑事は、さっぱり覚えていなかったので、担当の先生に「君は、スーパー初学者で、論文受かったの?」なんて言われてしまいました。失礼すぎる発言に、腹が立ちましたが、そう言われても仕方ないなと思い、気をとりなおして、勉強をしました。
他の予備校の模試も受験しましたが、辰已が一番圧迫面接に近かったと記憶しております。しかし、それは決して悪いことではなく、そのおかげで本番の主査・副査が優しく見え、落ち着いて受験することができました。(中央大学法学部4年在学中合格)
【2018年予備試験合格体験記より抜粋】
 

口述対策をするうえで、最も大切なことは発表直後の情報収集だと思いました。辰已の口述模試については、発表直後から申し込みが開始し、1時間電話をかけ続けてやっと繋がるといった状況でした。ほかの予備校についても程度は そこまでではないものの、どこも予約が殺到するので、合格発表を見て少し喜んだあとはすぐに模試の予約をするべきです。それと同時に、私は知り合いの予備試験合格者の方に連絡を取って、過去問の対策を個人的にお願いするとともに、受験する友達と一緒に勉強することにしていました。(慶應義塾大学法学部4年在学中合格)
【2018年予備試験合格体験記より抜粋】
 

口述は、本番の形式に馴れるのが一番大事だと思います。 辰已の模試でコテンパンにやられたのが自分の合格につながったと思います。 辰已の模試や先輩にお願いして者も含め、口述模試は6回も受けました。模試をやる中で、雰囲気に馴れたり、傾向をつかめたりするので模試は本当に重要です。(中央大学法学部4年在学中合格)
【2018年予備試験合格体験記より抜粋】
 
  

予備の後の司法試験で
最高のフォローを望むなら辰已

辰已口述模試参加特典
・実際に口述模試を受験された方には、辰已法律研究所の

 司法試験対策講座割引券【\10,000相当】を進呈します。

・2020年4月開講司法試験全国公開模試

 過去14年(2006年~2019年)の実績実受験者累計40,577人

  
■2019年口述試験対策講座のご案内
 
 ●民事実務基礎完璧講座・刑事実務基礎完璧講座
  
 ●口述試験ガイダンス60分【Web無料】

 

Copyright 2000-2004 TATSUMI Co.,Ltd. ALL Right Reserved.0613