HOME > 予備試験 >1月期開講無料ガイダンス&冬の特別講演会・正月恒例元旦の誓い

  

辰已より以下のイベントをご案内申し上げます。
 
・予備試験スタンダード論文答練【松永クラス】第2クールガイダンス
  予備出身講師がノウハウ公開!私の論文突破術
   
・予備試験スタンダード短答オープン&短答完璧講座(商訴行政)ガイダンス
  短答合格するための基本論点の押さえ方と解き方
   
・2020スタンダード論文答練第2クール出陣特別講演会
  「司法試験 論文刑法の出題傾向の変化とその対応方法」
    
・正月恒例 勝利の年の初めに「元旦の誓い」

■公開: 2019年12月17日
■更新: 2020年01月29日
  
  
 年明けすぐに開講する予備試験スタ論【松永クラス】第2クールを前に、本格的に答練を始める前に知っておきたい・気になることを講師が受験生の目線で話します。熾烈を極める論文試験を突破した論文合格ノウハウ(争点整理型思考)を公開していきます。
 

辰已専任講師・弁護士
松永 健一先生

 
東京本校LIVE
12/22(日) 9:30~11:00 ※LIVEは終了しました
YouTube配信中
講師プロフィール:
東京大学法学部卒業後、早稲田大学法科大学院に進学・修了するも3度の司法試験で不合格。その後、北海道大学法科大学院既修者コースに進学し、予備試験合格、2015年司法試験合格(上位10%以内)。
  
●通信部DVD:発送12/27(金) 申込締切2/29(土)
  申込コード: B9187R
  価格:辰已価格¥1,300/代理店価格¥1,235(いずれも税込)
   
  

  
 2020年、短答絶対合格を期すのであれば法律科目で8割を目指しましょう。そのために本ガイダンスでは短答合否を分ける問題をピックアップして、問われている知識をどう押さえ、これを実際にどう解くかを合格者講師の視点で解説していきます。

辰已専任講師・弁護士
原 孝至先生

 
  
YouTube配信中
 
講師プロフィール:
早稲田大学法学部卒・早稲田大学法科大学院修了。第4 回新司法試験合格者。
自身の短答本試験得点率85.1%の経験を生かし辰已の短答対策基幹講座を数年にわたり数多く担当する人気・実力を兼ね備えた講師。
  
●通信部DVD:発送12/27(金) 申込締切2/29(土)
  申込コード: B9188R
  価格:辰已価格¥1,300/代理店価格¥1,235(いずれも税込)
   
  
  

 
 
令和元年司法試験問題を素材にした冬の特別講演会ですが、予備試験受験生の方も是非ご参加ください。
  
  
新形式への対応は十分か?
理論重視の傾向と対策を学ぶ90分!
  平成30年司法試験論文式試験刑事系科目第1問(刑法)では、従来の罪責検討型とは異なり、設問形式の出題がなされました。とりわけ「…甲の罪責について、①殺人未遂罪が成立するとの立場と、②保護責任者遺棄等罪にとどまるとの立場の双方の主張・反論に言及しつつ、最終的に自説としていかなる結論を採るのかを論じる必要がある。」(平成30年出題趣旨)との設問文から、司法試験における刑法理論の重要性を再確認させられました。その後、令和元年司法試験論文式試験刑事系科目第1問(刑法)でも平成30年の出題形式が踏襲され、特に設問2には事後強盗罪の共同正犯の成否という、非常に理論的なテーマが問われております。そして、先日、令和2年司法試験考査委員(出題委員)名簿が法務省より公開され、学者委員として成瀬幸典東北大学大学院法学研究科教授のほかに新たに橋爪隆東京大学大学院法学政治学研究科教授と松原芳博早稲田大学大学院法務研究科教授が就任されましたが、その顔ぶれから理論重視の出題傾向は変わらないものと推測されます。
  このような状況下において司法試験受験生は、平成30年型の新形式への対応を迫られていますが、令和元年司法試験の採点実感(刑事系科目第1問)の記載によると、この新形式へ十分対応できている答案は少ないようです。
  そこで、今回は、「司法試験論文刑法の出題傾向の変化とその対応方法」と題して、受験生に人気の『基本刑法Ⅰ総論(第3版)』『同Ⅱ各論(第2版)』(日本評論社)の著者の1人であり、司法試験にも大変精通されている大塚裕史先生に、具体的な事例を踏まえつつ、ご講演願います。
司法試験の全受験生に贈る貴重な講演、是非ご期待下さい。
  

大塚先生の特別講演会終了後の20:15~21:00(45分)に辰已法律研究所教材スタッフから「令和2年司法試験考査委員名簿を踏まえたお薦めのスタ論予習・復習用教材」と題してお話しさせて頂きます。主要考査委員の専門分野なども紹介致します(後日YouTube配信予定)。

 

講師:

明治大学法科大学院教授
神戸大学名誉教授

大塚 裕史先生

講師PROFILE
 1950年生まれ。明治大学大学院法務研究科教授、神戸大学名誉教授。著書・論文多数。日本評論社から出版されている「基本刑法Ⅰ総論」「基本刑法Ⅱ各論」(共著)は司法試験・予備試験受験生の基本書として人気が高い。

 

WEBスクール配信期間:2020.5/17(日)まで

申込コード:A9328E →WEBスクールはこちら←
 

  
  
これまで東京校でLive講演でのみ実施していましたが、今年はVersion Upして動画で全国放映します。
 
  

←過去に開催されたガイダンス(2019年秋)は
  こちら。動画配信中! 

 
 

Copyright 2000-2004 TATSUMI Co.,Ltd. ALL Right Reserved.